VW、「ゴルフGTI」35周年記念モデルを発売

2011.09.15 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「ゴルフGTI」35周年記念モデルを発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2011年9月15日、「ゴルフGTI」の生誕35周年を記念した特別仕様車「ゴルフGTIエディション35」を350台限定で発売した。

「ゴルフGTIエディション35」は、現行の「ゴルフGTI」をベースに、エンジンに専用チューンが施され、内外装にも専用装備が多数採用されている。

ドライブトレインは、最高出力235ps(ベース車比+24ps)、最大トルク30.6kgm(同+2.0kgm)を発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンに6段DSGの組み合わせ。その結果、最高速は標準GTIの236km/hから246km/hへと引き上げられている。足まわりには、通常はオプション設定となる「アダプティブシャシーコントロール“DCC”」が標準装備される。

専用ボディカラー「カーボンスチールグレーメタリック」に塗装された外装には、専用フロントバンパー、ブラック塗装されたドアミラー、ダークフィニッシュのLEDテールランプに加え、フロントフェンダーの左右にクロームの「35」エンブレムを装着。足元には専用デザインの18インチアルミホイールが与えられる。

内装は、「35」ロゴの入った、レザー&マイクロファイバー(ハニカムメッシュ模様入り)のコンビネーションシートや、専用ドアシルプレートが装備される。また、専用のシフトノブは、初代ゴルフGTIのものをモチーフとしたデザインとなっている。

価格は、ベースモデルの「ゴルフGTI」より50万円高の418万円。

(文=滝本智志)


「ゴルフGTIエディション35」
「ゴルフGTIエディション35」 拡大

ガンメタリックの専用18インチアルミホイール。
ガンメタリックの専用18インチアルミホイール。 拡大

初代「ゴルフGTI」のシフトノブをモチーフにしたシフトレバー。
初代「ゴルフGTI」のシフトノブをモチーフにしたシフトレバー。 拡大

「35」ロゴ入りの専用シート。
「35」ロゴ入りの専用シート。 拡大

ハニカムメッシュ模様と「35」ロゴが入れられた専用ドアシルプレート。
ハニカムメッシュ模様と「35」ロゴが入れられた専用ドアシルプレート。 拡大

VW、「ゴルフGTI」35周年記念モデルを発売の画像 拡大

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.10.17 試乗記 質実剛健なブランドとして知られるフォルクスワーゲン。その看板車種の「ゴルフ」に追加されたディーゼルモデルは、良き選択肢となりうるか? 走りの印象のほか、装備の見どころや燃費についても報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
  • ルノーが新型「カングー」「カングー バン」を発表 フロントマスクを一新 2020.11.16 自動車ニュース 仏ルノーは2020年11月12日(現地時間)、新型「カングー」および「カングー バン」を世界初公開した。フロントマスクが一新されており、力強い形状のヘッドランプとグリル、バンパーによって立体的で彫刻的なデザインになっている。
ホームへ戻る