VW、「ゴルフGTI」35周年記念モデルを発売

2011.09.15 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「ゴルフGTI」35周年記念モデルを発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2011年9月15日、「ゴルフGTI」の生誕35周年を記念した特別仕様車「ゴルフGTIエディション35」を350台限定で発売した。

「ゴルフGTIエディション35」は、現行の「ゴルフGTI」をベースに、エンジンに専用チューンが施され、内外装にも専用装備が多数採用されている。

ドライブトレインは、最高出力235ps(ベース車比+24ps)、最大トルク30.6kgm(同+2.0kgm)を発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンに6段DSGの組み合わせ。その結果、最高速は標準GTIの236km/hから246km/hへと引き上げられている。足まわりには、通常はオプション設定となる「アダプティブシャシーコントロール“DCC”」が標準装備される。

専用ボディカラー「カーボンスチールグレーメタリック」に塗装された外装には、専用フロントバンパー、ブラック塗装されたドアミラー、ダークフィニッシュのLEDテールランプに加え、フロントフェンダーの左右にクロームの「35」エンブレムを装着。足元には専用デザインの18インチアルミホイールが与えられる。

内装は、「35」ロゴの入った、レザー&マイクロファイバー(ハニカムメッシュ模様入り)のコンビネーションシートや、専用ドアシルプレートが装備される。また、専用のシフトノブは、初代ゴルフGTIのものをモチーフとしたデザインとなっている。

価格は、ベースモデルの「ゴルフGTI」より50万円高の418万円。

(文=滝本智志)


「ゴルフGTIエディション35」
「ゴルフGTIエディション35」 拡大

ガンメタリックの専用18インチアルミホイール。
ガンメタリックの専用18インチアルミホイール。 拡大

初代「ゴルフGTI」のシフトノブをモチーフにしたシフトレバー。
初代「ゴルフGTI」のシフトノブをモチーフにしたシフトレバー。 拡大

「35」ロゴ入りの専用シート。
「35」ロゴ入りの専用シート。 拡大

ハニカムメッシュ模様と「35」ロゴが入れられた専用ドアシルプレート。
ハニカムメッシュ模様と「35」ロゴが入れられた専用ドアシルプレート。 拡大

VW、「ゴルフGTI」35周年記念モデルを発売の画像 拡大

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.10.17 試乗記 質実剛健なブランドとして知られるフォルクスワーゲン。その看板車種の「ゴルフ」に追加されたディーゼルモデルは、良き選択肢となりうるか? 走りの印象のほか、装備の見どころや燃費についても報告する。
  • 「アウディA1スポーツバック」に1リッターターボモデルの「25 TFSI」が登場 2020.6.16 自動車ニュース 「アウディA1スポーツバック」に新モデル「25 TFSI」が登場。1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレードで、駆動方式はFFのみ。燃費はWLTCモードで15.2km/リッターとされている。価格は294万円から351万円。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る