ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表

2017.07.28 自動車ニュース
新型「ロールス・ロイス・ファントム」
新型「ロールス・ロイス・ファントム」拡大

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表した。

 
ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表の画像拡大
 
ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表の画像拡大
 
ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表の画像拡大
 
ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表の画像拡大
 
ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表の画像拡大

新設計のアーキテクチャーを採用

ファントムはロールス・ロイスのフラッグシップサルーンであり、約14年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、通算で8代目のモデルとなる。

「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」と呼ばれる、新たなアルミ・スペースフレームを採用。「世界最高のクルマ」を目指したとされ、従来型と比べてボディー剛性を約30%アップさせながら軽量化も実現している。また、最新世代のセルフレベリング式サスペンションを採用しており、快適性も従来モデルを大きくしのぐとアピールされる。アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリーについては、ほかのロールス・ロイス車にも順次導入する予定だという。

エクステリアについては、過去のファントムシリーズの、フロントが短くリアが長いオーバーハングなどを踏襲しながら、「パルテノングリル」を従来型よりも高い位置に設置して現代性も強調。600m以上先を照らせるレーザーヘッドライトや、ロールス・ロイス史上最大サイズとなる22インチホイールなども装備する。

インテリアでは、「ギャラリー」というコンセプトのもとにデザインされたダッシュボードを備え、計器類や時計、12.3インチのスクリーンなどはすべて1枚の強化ガラスで覆われる。このほか新設計されたシートや、同社史上最大面積を誇るスターライトヘッドライナーなどを特徴とする。

パワーユニットについては、6.7(6.75)リッターV12自然吸気エンジンは用いず、新たに563psと900Nmを生み出す6.7リッターV12ツインターボエンジンを搭載している。

また、ボディーの塗装や総重量130kg以上の遮音材、新開発のタイヤの採用などにより、静粛性も大幅に向上させた。100km/h走行時の騒音レベルは、従来モデルよりも10%低下したという。

先進装備も充実しており、パノラミックビューや“ヘリコプタービュー”を含む全方位視野監視を可能にする4カメラシステムに加えて、衝突、歩行者、交差交通、車線逸脱などに対する各種警告やアクティブクルーズコントロールが備わる。

日本市場には2017年末に導入される予定。

(webCG)

関連キーワード:
ファントム, ロールス・ロイス, ロールスロイス, 自動車ニュース

ロールス・ロイス ファントム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表 2019.6.18 自動車ニュース 独ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表。最高出力420psを発生する、自然吸気の4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載した高性能モデルで、ともに300km/hを超える最高速と、0-100km/h=4.4秒という加速性能を実現している。
  • ロールス・ロイス・カリナン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.10.19 試乗記 ロールス・ロイス初のSUVは、単なる“SUVブームの産物”なのか? 北米で試乗した「カリナン」は、そんな思いを吹き飛ばすほどの実力と将来性、そして老舗高級ブランドならではのマナーを兼ね備えていた。
ホームへ戻る