第5回:これぞ紳士の国の乗り物
輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)

2018.03.16 JAIA輸入車試乗会2018
ジャガーFタイプ R-DYNAMICクーペ
ジャガーFタイプ R-DYNAMICクーペ拡大

みんな大好き英国車の試乗リポートも、いよいよ後半戦! JAIA特集のトリを飾る今回は、「ジャガーFタイプ」「ランドローバー・ディスカバリー」、紳士のスポーツカー「アストンマーティンDB11 V8」、そして最新の「ロールス・ロイス・ファントム」を紹介する。

 
第5回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)の画像拡大
 
第5回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)の画像拡大
 
第5回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)の画像拡大
 
第5回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)の画像拡大
 
第5回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)の画像拡大

このクルマだけの世界がある
ジャガーFタイプ R-DYNAMICクーペ……873万円

Fタイプのボディーに直4エンジンである。どうしてジャガーはこんな“おもしろいクルマ”を作ったのだろうか。もしかして、ターゲットはポルシェ? と思いながらFタイプと「718ケイマン」の数字を比べてみた。

Fタイプに搭載される2リッター直4スーパーチャージャー付きエンジンのパワーとトルクは300psと400Nm。それに対して、718ケイマンの2リッターのフラット4ターボは300psと380Nm。車両価格だと、Fタイプのベーシックモデルが806万円、今回試乗した「R-DYNAMICクーペ」が873万円であるのに対して、718ケイマンはベーシックモデルが707万4000円で、パワフルな「S」モデルが901万4000円だ。実に微妙な争いである。

さて、Fタイプ R-DYNAMICクーペのエンジンをかけてみる。2リッター直4は、他のV6やV8のようにひと吠(ほ)えするものの、その迫力と音量がかわいらしい。“子ジャガー”という感じだ。スロットルオフすると、背後でパラパラとアフターファイアのような演出もあってなかなかな雰囲気だが、加速力は、当たり前ではあるものの、V6やV8の“親ジャガー”ほどではなかった。

エンジンの中速域でパンチ力に欠き、もどかしさがつきまとうのはちょっと気になったところだ。たとえば現状で1660kgある車重を1500kg以下まで徹底的に削(そ)ぎ落として、空力的に磨きに磨いたライトウェイト&ロードラッグクーペに仕立てたら、相当かっこいいだろう。

このクルマの面白さは、ずばりシャシーにあると思う。鼻先が軽くなって、フットワークにキレが出た。Fタイプというクルマの健脚ぶりを純粋に楽しみたいのなら、積極的に選ぶ価値はある。いや、この仕様でないと味わえない世界だ。

(文=webCG 竹下/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る