第5回:これぞ紳士の国の乗り物
輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)

2018.03.16 JAIA輸入車試乗会2018
ジャガーFタイプ R-DYNAMICクーペ
ジャガーFタイプ R-DYNAMICクーペ拡大

みんな大好き英国車の試乗リポートも、いよいよ後半戦! JAIA特集のトリを飾る今回は、「ジャガーFタイプ」「ランドローバー・ディスカバリー」、紳士のスポーツカー「アストンマーティンDB11 V8」、そして最新の「ロールス・ロイス・ファントム」を紹介する。

 
第5回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)の画像拡大
 
第5回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)の画像拡大
 
第5回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)の画像拡大
 
第5回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)の画像拡大
 
第5回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)の画像拡大

このクルマだけの世界がある
ジャガーFタイプ R-DYNAMICクーペ……873万円

Fタイプのボディーに直4エンジンである。どうしてジャガーはこんな“おもしろいクルマ”を作ったのだろうか。もしかして、ターゲットはポルシェ? と思いながらFタイプと「718ケイマン」の数字を比べてみた。

Fタイプに搭載される2リッター直4スーパーチャージャー付きエンジンのパワーとトルクは300psと400Nm。それに対して、718ケイマンの2リッターのフラット4ターボは300psと380Nm。車両価格だと、Fタイプのベーシックモデルが806万円、今回試乗した「R-DYNAMICクーペ」が873万円であるのに対して、718ケイマンはベーシックモデルが707万4000円で、パワフルな「S」モデルが901万4000円だ。実に微妙な争いである。

さて、Fタイプ R-DYNAMICクーペのエンジンをかけてみる。2リッター直4は、他のV6やV8のようにひと吠(ほ)えするものの、その迫力と音量がかわいらしい。“子ジャガー”という感じだ。スロットルオフすると、背後でパラパラとアフターファイアのような演出もあってなかなかな雰囲気だが、加速力は、当たり前ではあるものの、V6やV8の“親ジャガー”ほどではなかった。

エンジンの中速域でパンチ力に欠き、もどかしさがつきまとうのはちょっと気になったところだ。たとえば現状で1660kgある車重を1500kg以下まで徹底的に削(そ)ぎ落として、空力的に磨きに磨いたライトウェイト&ロードラッグクーペに仕立てたら、相当かっこいいだろう。

このクルマの面白さは、ずばりシャシーにあると思う。鼻先が軽くなって、フットワークにキレが出た。Fタイプというクルマの健脚ぶりを純粋に楽しみたいのなら、積極的に選ぶ価値はある。いや、この仕様でないと味わえない世界だ。

(文=webCG 竹下/写真=田村 弥)

アストンマーティン DB11 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る