「レクサスLX」が一部改良、2列シート仕様が登場

2017.08.03 自動車ニュース
「レクサスLX」
「レクサスLX」拡大

トヨタ自動車は2017年8月3日、レクサスの最上級SUV「LX」に一部改良を実施し、販売を開始した。

2列5人乗り仕様のラゲッジルーム。
2列5人乗り仕様のラゲッジルーム。拡大
ヒッチメンバー
ヒッチメンバー拡大

今回の一部改良では、これまでの3列7人乗り仕様に加え、新たに2列5人乗り仕様を追加設定。また、トレーラーなどをけん引するトレーラーヒッチを装着するためのヒッチメンバーや、ドアミラー足元照明、ナノイー発生器などを標準設定とした。

デザインに関しては、18インチおよび21インチのアルミホイールの意匠を変更。ボディーカラーは新規設定色の「ソニッククォーツ」を含む全7色のラインナップとした。

価格は1115万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
LX, レクサス, 自動車ニュース

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLX570(4WD/8AT)【試乗記】 2015.12.29 試乗記 本格クロカン四駆として名高い“ランクル”の走破性能に、5.7リッターの大排気量V8エンジンと8段ATのパワートレイン、そしてプレミアムブランドならではの装備と品質をプラス。満を持して日本に導入されたプレミアムSUV「レクサスLX570」の魅力に触れた。
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • レクサスLX570(4WD/8AT)【レビュー】 2015.11.27 試乗記 レクサスのフラッグシップSUV「LX」が国内でも発売された。本格オフローダーゆずりのシャシーや、大排気量エンジンがもたらす走りは? そして乗り心地は? 高速道路から河川敷のオフロードまで、さまざまな道で試乗した。
  • 旧き佳きベントレーの終幕 「ミュルザンヌ」が生産終了へ 2020.1.22 デイリーコラム ベントレーの最上級サルーン「ミュルザンヌ」が、ついに生産終了に。名門の看板を担い続けたフラッグシップモデルの魅力と、その心臓部を担う特別なエンジン“ベントレーV8”の歴史を振り返るとともに、ベントレーのプレステージカーの今後に思いをはせる。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
ホームへ戻る