「ボルボV40」に「ダイナミックエディション」登場

2017.08.22 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月22日、特別仕様車「V40 D4 ダイナミックエディション/V40クロスカントリーD4 ダイナミックエディション」を発売した。

今回のV40 D4 ダイナミックエディション/V40クロスカントリーD4 ダイナミックエディションは、2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載するV40シリーズのエントリーグレードをベースに、装備を充実させた特別仕様車。

エクステリアは18インチアルミホイールでドレスアップされ、ブラック基調のスポーティーかつカジュアルなインテリアが組み合わされる。カーナビゲーションシステムや運転席パワーシートなどの上級装備もセリングポイントとなっている。

主な装備は、以下の通り。

  • 18インチアルミホイール(ダイヤモンドカット/ブラック 7.5Jx18)+18インチタイヤ
  • T-Tec/テキスタイルシート(シートカラー:チャコール、インテリアカラー:チャコール)
  • ナビゲーションパッケージ相当(HDDナビゲーションシステム+VICS3+12セグ地上デジタルTV)
  • ボルボガードシステム(インテリアムーブメントセンサー付き、グローブボックスロックシリンダー)
  • PCC(パーソナルカーコミュニケーター)、キーレスドライブ
  • 速度感応式電動パワーステアリング(チルト/テレスコピック機構および3段階レベル調整機能付き)
  • パドルシフト
  • 運転席8ウェイパワーシート(ドアミラー連動メモリー機構付き)
  • 助手席高さ調整機能+ランバーサポート
  • フロントシートヒーター
  • ミルドアルミニウムパネル
  • シルクメタルドアインサート/センタースタックフレーム、ダッシュボードインサート
  • 本革巻き/シルクメタルステアリングホイール
  • イルミネーテッドシフトノブ(チャコール)
  • スライディングフロントアームレスト、リアアームレスト、リアシート内蔵2カップホルダー
  • インテリアライトパッケージ(後席リーディングライト、フロントドアポケット、フロントドア下部ライト、テールゲートライト)

ボディーカラーはエレクトリックシルバーメタリック、パッションレッド、アイスホワイト、オスミウムグレーメタリック、オニキスブラックメタリック、デニムブルーメタリックの6色が選べる。

価格は以下の通り。

  • V40 D4 ダイナミックエディション:399万円
  • V40クロスカントリーD4 ダイナミックエディション:414万円

(webCG)
 

「ボルボV40 D4 ダイナミックエディション」(写真右)と「同V40クロスカントリーD4 ダイナミックエディション」。
「ボルボV40 D4 ダイナミックエディション」(写真右)と「同V40クロスカントリーD4 ダイナミックエディション」。拡大

関連キーワード:
V40, V40クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 徹底検証! ボルボのディーゼル ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
ホームへ戻る