スズキが「ワゴンR」に5段MT仕様車を追加

2017.08.23 自動車ニュース
「スズキ・ワゴンR FA」
「スズキ・ワゴンR FA」拡大

スズキは2017年8月23日、軽乗用車「ワゴンR」の「FA」グレードに5段MT仕様を追加設定し、販売を開始した。

 
スズキが「ワゴンR」に5段MT仕様車を追加の画像拡大
 
スズキが「ワゴンR」に5段MT仕様車を追加の画像拡大

5段MT仕様車ではシフトレバーと手動式パーキングブレーキが左右シート間に備わるため、AT仕様車ではベンチシートだったフロントシートがセパレートタイプへ変更された。

また、AT仕様車でインパネシフトが設置されていた部分には、新たにセンターポケットが設けられた。

価格はFF車が107万8920円、4WD車が119万9880円。

(webCG)

関連キーワード:
ワゴンR, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ワゴンR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • 「スズキ・ワゴンR」の安全装備が充実 新開発エンジン搭載車も登場 2019.12.25 自動車ニュース スズキが、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の一部仕様を変更。衝突を回避する安全装備を充実させた。自然吸気モデルには新型「ハスラー」にも採用されている新開発エンジンを搭載し、2020年1月20日に発売する。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • 軽自動車も全モデル電動化!? スズキの電動化戦略にみる課題と期待 2021.3.1 デイリーコラム スズキが自社製品への電動化技術の全面展開を発表! コストパフォーマンスの高さで評価を得ている彼らが思い描く、理想の電動車とは? これまでの施策や、軽自動車の電動化に関する課題などを振り返りながら、「いいものを安く」を旨とする彼らの戦略を探った。
ホームへ戻る