スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ

2017.09.04 自動車ニュース
「スバル・レガシィ アウトバック」
「スバル・レガシィ アウトバック」拡大

スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。

「レガシィ アウトバック」
「レガシィ アウトバック」拡大
「レガシィB4」
「レガシィB4」拡大
「レガシィB4」のバックショット。
「レガシィB4」のバックショット。拡大

今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。

アイサイトについては、後退時自動ブレーキシステムを追加したほか、全車速域追従機能付きクルーズコントロールの車速域を0km/h~約120km/hへと拡大した。また、「アイサイトセイフティプラス」としてフロント&サイドビューモニターやアダプティブドライビングビーム、ステアリング連動ヘッドランプも搭載した。

走行性能では、サスペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良を実施。これによりフラットな乗り心地とリニアなハンドリングを実現したとされる。また、エンジン部品の軽量化やフリクション低減および制御の見直し、さらにリニアトロニックチェーンの改良などにより、燃費と静粛性の向上も実現している。

エクステリアはアウトバックとB4、それぞれの個性がより際立つデザインとした。具体的には、アウトバックは上質さと力強さ、存在感を強調するものに、B4は上質かつスポーティーなものへと変更した。また、ボディーカラーに「ワイルドネスグリーンメタリック」と「クリムゾンレッドパール」を新たに設定した。

インテリアについては、センターパネルのデザインを一新するとともに、インパネにダブルステッチを施したり、小径化した新デザインのステアリングホイールを採用することで質感を向上。利便性の強化も図られており、後席USB電源やオートドアロック機能の追加が行われた。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • アウトバック:329万4000円
  • アウトバック リミテッド:356万4000円
  • B4:302万4000円
  • B4リミテッド:324万円

(webCG)

関連キーワード:
レガシィB4, レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • 今度の7代目は買いなのか?
    新型「スバル・レガシィ」に思うこと
    2019.2.22 デイリーコラム 7代目となったスバルのフラッグシップ「レガシィ」。アメリカ国内でデビューした新型は、ファンの期待に応えられるか? 日本の“スバリスト”が、現在分かっている情報を元に同モデルを評価する。
  • スバルが「レヴォーグ」を改良 特別仕様車2モデルを設定 2019.5.8 自動車ニュース スバルは2019年5月7日、スポーツワゴン「レヴォーグ」の改良モデルを同年6月27日に発売すると発表した。ハイビームアシストの作動車速を従来の40Km/hから30km/hに変更しボディーカラーに新色を導入。さらに特別仕様車2モデルも新設定している。
ホームへ戻る