スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ

2017.09.04 自動車ニュース
「スバル・レガシィ アウトバック」
「スバル・レガシィ アウトバック」拡大

スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。

「レガシィ アウトバック」
「レガシィ アウトバック」拡大
「レガシィB4」
「レガシィB4」拡大
「レガシィB4」のバックショット。
「レガシィB4」のバックショット。拡大

今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。

アイサイトについては、後退時自動ブレーキシステムを追加したほか、全車速域追従機能付きクルーズコントロールの車速域を0km/h~約120km/hへと拡大した。また、「アイサイトセイフティプラス」としてフロント&サイドビューモニターやアダプティブドライビングビーム、ステアリング連動ヘッドランプも搭載した。

走行性能では、サスペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良を実施。これによりフラットな乗り心地とリニアなハンドリングを実現したとされる。また、エンジン部品の軽量化やフリクション低減および制御の見直し、さらにリニアトロニックチェーンの改良などにより、燃費と静粛性の向上も実現している。

エクステリアはアウトバックとB4、それぞれの個性がより際立つデザインとした。具体的には、アウトバックは上質さと力強さ、存在感を強調するものに、B4は上質かつスポーティーなものへと変更した。また、ボディーカラーに「ワイルドネスグリーンメタリック」と「クリムゾンレッドパール」を新たに設定した。

インテリアについては、センターパネルのデザインを一新するとともに、インパネにダブルステッチを施したり、小径化した新デザインのステアリングホイールを採用することで質感を向上。利便性の強化も図られており、後席USB電源やオートドアロック機能の追加が行われた。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • アウトバック:329万4000円
  • アウトバック リミテッド:356万4000円
  • B4:302万4000円
  • B4リミテッド:324万円

(webCG)

関連キーワード:
レガシィB4, レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
ホームへ戻る