いよいよ登場! 新型「日産リーフ」
買いたい人にプロが一言アドバイス

2017.09.08 デイリーコラム
新型「日産リーフ」。日本国内では2017年10月2日に発売される。
新型「日産リーフ」。日本国内では2017年10月2日に発売される。拡大

日産のEV「リーフ」の新型が、2017年9月6日にデビューしました。国内の販売がスタートするのは、10月2日。この2代目の購入を考えている人は、どんなことを意識したらよいのでしょうか? 3人のモータージャーナリストに聞きました。

給電口は、先代モデルと同様、フロントに設けられている。急速充電器を使った場合、約40分で80%まで充電できる。
給電口は、先代モデルと同様、フロントに設けられている。急速充電器を使った場合、約40分で80%まで充電できる。拡大

決め手はやっぱりランニングコスト……高山正寛

まず、実際に購入しようとしている人が日々の生活の中でクルマをどう使うのかを基準にアドバイスしよう。

市街地や郊外中心の使用であればEVのメリットは大きい。さらにマンション住まいであれば、駐車場の周辺2km以内や普段の買い物先などに急速充電器が設置されていることも、自分の体験からいえば重要である。

新型は40kWhのバッテリーを搭載しており航続距離はJC08モードで400kmとうたわれているが、実走行でも300kmは何とかなるはず。また、旧型で好評だった、月額2000円(税別)で急速充電器が使い放題になる「ZESP2使いホーダイプラン」が継続されるのも、ランニングコストが固定(定額)で読めるようになるため家計にとってはありがたい。

とはいえ、気になるのが2018年に発売が予定されているハイパフォーマンスモデルの存在。これは旧型のNISMO仕様やオーテック仕様のようにVCM(ビークルコントロールモジュール)をリセッティングすることでよりスポーティーな走りと航続距離を延ばしたようなモデルになるのではないだろうか。もしリーフにさらなるパフォーマンスを期待したいのであれば、それを待つ、というのもありだろう。

ただ今年度のCEV補助金は2018年の3月5日で受け付けを終了してしまうので、先のことを考えるより確実に補助金が欲しければその範疇(はんちゅう)ではないのだが……。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
ホームへ戻る