マクラーレン、「570Sスパイダー」を日本初披露

2017.09.22 自動車ニュース
「マクラーレン570Sスパイダー」
「マクラーレン570Sスパイダー」拡大

マクラーレン・オートモーティブは2017年9月22日、横浜港大さん橋で新型スポーツカー「570Sスパイダー」を発表した。車両価格は2898万8000円から。

最高速は328km/h。ルーフを開けた状態では315km/hまで低下するという。
最高速は328km/h。ルーフを開けた状態では315km/hまで低下するという。拡大
ルーフの開閉に要する時間は両方向とも15秒。
ルーフの開閉に要する時間は両方向とも15秒。拡大
2ピース構造のハードトップは、キャビン背後の収納スペース(容量52リッター)に収まる。
2ピース構造のハードトップは、キャビン背後の収納スペース(容量52リッター)に収まる。拡大
マクラーレン車のトレードマークである、跳ね上げ式の“ディヘドラルドア”が採用されている。
マクラーレン車のトレードマークである、跳ね上げ式の“ディヘドラルドア”が採用されている。拡大
シート背後の垂直のリアウィンドウはガラス製。オープン時にはウインドディフレクターとしても機能する。
シート背後の垂直のリアウィンドウはガラス製。オープン時にはウインドディフレクターとしても機能する。拡大
左からマクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社代表の正本嘉宏氏、マクラーレン・オートモーティブ・アジア マネージング・ディレクターのジョージ・ビッグス氏、マクラーレン・オートモーティブ デザイン・オペレーションズ・ヘッドのマーク・ロバーツ氏。
左からマクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社代表の正本嘉宏氏、マクラーレン・オートモーティブ・アジア マネージング・ディレクターのジョージ・ビッグス氏、マクラーレン・オートモーティブ デザイン・オペレーションズ・ヘッドのマーク・ロバーツ氏。拡大

570Sクーペの基本性能はそのままに

570Sスパイダーはマクラーレンのベーシックラインである“スポーツシリーズ”に属するモデル。同シリーズにとって初めてのオープンボディーとなる。ワールドデビューはイギリスで開催されたヒストリックカーイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で2017年6月に済ませていて、今回“アジア初”という形で日本デビューを果たした。

ルーフはリトラクタブルハードトップ方式が採用されており、2ピース構造のハードパネルがキャビンの背後に自動で収まるようになっている。開閉に要する時間は両方向とも15秒。40km/hまでなら走行中に作動させることができる。クローズ時のボディーラインの美しさにもこだわっており、同社デザイン部門の代表、マーク・ロバーツ氏は「『570Sクーペ』のシルエットを保つことは必須だった」と語った。

また、スポーツシリーズ全般に採用されているカーボンファイバーシャシー“モノセルII”は、ボディーをオープン化しても強度が低下しないため、新たに補強を施す必要がなかったという。そのおかげで、車両重量はクーペより46kg重い1498kg(DIN)に抑えることができた。

エンジンはクーペと同じ570psと600Nmを生み出す3.8リッターV8ターボ。動力性能も0-100km/h加速が3.2秒、最高速が328km/hと変わらない。

マクラーレンにとって日本は重要な市場だ。同社にとって世界で4番目に大きな市場であり、アジアでは最大規模。2016年には179台を販売し、この数字は同社の生産台数の6%に相当するという。

マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社の正本嘉宏代表は、「マクラーレン車はすべてがドライバーを中心にデザインされている。お客さまの多くも、クルマを所有するだけでなく、自らステアリングを握って純粋にドライビングを楽しんでいらっしゃる。われわれとしては、運転する楽しさを堪能していただけるようなイベントやコミュニティー作りを重視していきたい」と語った。

2017年11月に“トラックデイ”と呼ばれるサーキットイベントを富士スピードウェイで開催し、続く2018年にはマクラーレンのレーシングドライバーとともに本格的なサーキット体験ができるプログラム“ピュアマクラーレン”を実施する予定だ。

(webCG)

◆「マクラーレン570Sスパイダー」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
570S, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • 日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催 2019.10.18 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーブランドの体感イベント「プジョーショー2019 -UNBORING THE FUTURE-(アンボーリング・ザ・フューチャー)」(会期:2019年10月19日~26日)の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。
  • ボルボが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表 新しい電動カー製品群の第1弾 2019.10.17 自動車ニュース ボルボ・カーズが初の電気自動車「XC40リチャージ」を発表した。駆動システムは最高出力408hpの電動4WDで、一回の充電で400kmの走行が可能。ボルボは今後5年にわたり毎年EVを市場投入し、2025年には世界販売の半数をEVにするとしている。
ホームへ戻る