「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸

2017.09.27 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATIC ALL-Terrain(オールテレイン)」を発売した。

 
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸の画像拡大

SUVとワゴンのクロスオーバーモデル

E220d 4MATICオールテレインは、SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。セダン、ステーションワゴン、クーペに次ぐ、「Eクラス」としては4番目のバリエーションとなり、安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」や電子制御式エアサスペンション「エアボディーコントロール」など、他のEクラスファミリーに準ずる最新装備を得ている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4950×1860×1495mmで、ステーションワゴンと比べて10mm短く、10mm幅広く、30mm高いディメンションが与えられる。最低地上高については140mmとされ、同じくステーションワゴンよりも25mm高められている。

エクステリアでは、メルセデスのSUVに共通する2本のフィンをあしらったフロントグリルや、前後バンパー下のシルバークロームアンダーガード、ブラックのホイールアーチカバーを採用し、SUVらしさを強調。オールテレイン専用の19インチ10スポークアルミホイールも装着される。

インテリアカラーは「ブラック」「ナッツブラウン」「マキアートベージュ」の3色が用意され、トリムはオールテレイン専用の「ブラッシュドアルミニウム」となる。

パワートレインは、195psと400Nmを発生する2リッター直4ディーゼルエンジンに、9段ATの「9G-TRONIC」を組み合わせたもの。駆動方式は4WDの「4MATIC」システムを採用する。

ドライブモードセレクトの「ダイナミックセレクト」には、専用の「ALL-Terrainモード」が追加される。このモードは、トランスミッションがオフロード走行に適した制御に切り替わり、35km/h以下で走行するときにはエアサスペンションが車高を20mm高め、雪道や悪路の走破性を高めるというもの。その際、COMANDディスプレイにはステアリング角度や車高、前後および左右の車体の傾き、ブレーキとアクセルの状態、コンパスを確認できる専用画面が表示される。

このほか24時間緊急通報サービスや24時間故障通報サービス、リモートドアロック&アンロックなどからなるテレマティクスサービス「Mercedes me connect」を標準装備する。

価格は861万円。

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス オールテレイン, メルセデス・ベンツ, Eクラス ステーションワゴン, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.28 試乗記 フルモデルチェンジ並みの改良が施された「メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ」に試乗。最新デジタル技術によって進化したインフォテインメントや日本初となるARカーナビの実用性に加え、48Vマイルドハイブリッドの走りをチェックした。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
ホームへ戻る