「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸

2017.09.27 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATIC ALL-Terrain(オールテレイン)」を発売した。

 
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸の画像拡大

SUVとワゴンのクロスオーバーモデル

E220d 4MATICオールテレインは、SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。セダン、ステーションワゴン、クーペに次ぐ、「Eクラス」としては4番目のバリエーションとなり、安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」や電子制御式エアサスペンション「エアボディーコントロール」など、他のEクラスファミリーに準ずる最新装備を得ている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4950×1860×1495mmで、ステーションワゴンと比べて10mm短く、10mm幅広く、30mm高いディメンションが与えられる。最低地上高については140mmとされ、同じくステーションワゴンよりも25mm高められている。

エクステリアでは、メルセデスのSUVに共通する2本のフィンをあしらったフロントグリルや、前後バンパー下のシルバークロームアンダーガード、ブラックのホイールアーチカバーを採用し、SUVらしさを強調。オールテレイン専用の19インチ10スポークアルミホイールも装着される。

インテリアカラーは「ブラック」「ナッツブラウン」「マキアートベージュ」の3色が用意され、トリムはオールテレイン専用の「ブラッシュドアルミニウム」となる。

パワートレインは、195psと400Nmを発生する2リッター直4ディーゼルエンジンに、9段ATの「9G-TRONIC」を組み合わせたもの。駆動方式は4WDの「4MATIC」システムを採用する。

ドライブモードセレクトの「ダイナミックセレクト」には、専用の「ALL-Terrainモード」が追加される。このモードは、トランスミッションがオフロード走行に適した制御に切り替わり、35km/h以下で走行するときにはエアサスペンションが車高を20mm高め、雪道や悪路の走破性を高めるというもの。その際、COMANDディスプレイにはステアリング角度や車高、前後および左右の車体の傾き、ブレーキとアクセルの状態、コンパスを確認できる専用画面が表示される。

このほか24時間緊急通報サービスや24時間故障通報サービス、リモートドアロック&アンロックなどからなるテレマティクスサービス「Mercedes me connect」を標準装備する。

価格は861万円。

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス オールテレイン, メルセデス・ベンツ, Eクラス ステーションワゴン, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.29 試乗記 ステーションワゴンの実用性とSUVらしい姿かたちを特徴とする、「メルセデス・ベンツEクラス」の派生モデルに試乗。他ブランドにも見られるお手軽なクロスオーバーかと思いきや、その走りは、驚くほど素晴らしいものだった。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.28 試乗記 最高出力330PSの2.9リッター(2924cc)直6ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ」に試乗。3列シートを備えた全長およそ5m×全幅2m超えの大柄なボディーとディーゼルの組み合わせは、どんな仕上がりだったのか?
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • ファンティック・キャバレロ スクランブラー500(MR/6MT)【レビュー】 2020.1.11 試乗記 イタリアのブランド・ファンティックが提案する、スタイリッシュなバイク「キャバレロ スクランブラー500」。都会の道を走らせて思い浮かんだのは、いつでも心を満たしてくれる、おいしい家庭料理だった。
ホームへ戻る