「メルセデス・ベンツEクラス」に特別仕様車「ローレウスエディション」が登場

2020.04.01 自動車ニュース
メルセデス・ベンツEクラス ローレウスエディション
メルセデス・ベンツEクラス ローレウスエディション拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年3月31日、「Eクラス」に特別仕様車「ローレウスエディション」を設定し、注文受け付けを開始した。

E200ローレウスエディション
E200ローレウスエディション拡大
「E200ローレウスエディション」のリアビュー。
「E200ローレウスエディション」のリアビュー。拡大
ワイヤレスチャージング機能
ワイヤレスチャージング機能拡大
センターコンソールの「Laureus」バッジ。
センターコンソールの「Laureus」バッジ。拡大
E200ステーションワゴン ローレウスエディション
E200ステーションワゴン ローレウスエディション拡大
E220d 4MATICオールテレイン ローレウスエディション
E220d 4MATICオールテレイン ローレウスエディション拡大

ローレウスとは、リシュモン・グループとダイムラーが共同で設立した、スポーツを通しての社会貢献を目的とした財団である。メルセデス・ベンツではこれまでにも「Cクラス」や「GLC」に、ローレウスの名を冠した特別仕様車を設定してきた。

今回のローレウスエディションは、「Eクラス セダン/ステーションワゴン」の「E200」「E200 4MATIC」「E220d」、および「Eクラス オールテレイン」の「E220d 4MATIC」をベースに、内外装に特別なコーディネートを施すとともに、装備を充実させたモデルである。

セダン/ステーションワゴンでは、スポーティーなエクステリアを演出する「AMGスタイリングパッケージ」や、Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電するワイヤレスチャージング機能、ヘッドアップディスプレイを標準装備。オプションで、ナッパレザー内装や後席シートヒーター、高級オーディオメーカーのブルメスターと共同開発した「Burmesterサラウンドサウンドシステム」などからなる「エクスクルーシブパッケージ」も設定している。また、パノラミックスライディングルーフをセダンにオプションで、ステーションワゴンに標準で用意している。

一方、「E220d 4MATICオールテレイン ローレウスエディション」には、同車専用デザインのハイグロスブラック19インチマルチツインスポークアルミホイールや、ブラックアッシュウッド(マット)のインテリアトリムとセンターコンソール、ワイヤレスチャージング機能、ステアリングヒーターを標準装備。このほかにも、すべてのローレウスエディションのセンターコンソールに「Laureus」のバッジが装着される。

価格は以下の通り。

  • E200ローレウスエディション:755万円
  • E200 4MATICローレウスエディション:778万円
  • E220dローレウスエディション:777万円
  • E200ステーションワゴン ローレウスエディション:810万円
  • E200 4MATICステーションワゴン ローレウスエディション:833万円
  • E220dステーションワゴン ローレウスエディション:831万円
  • E220d 4MATICオールテレイン ローレウスエディション:912万円

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス オールテレイン, Eクラス ステーションワゴン, Eクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る