「メルセデス・ベンツEクラス」に特別仕様車「ローレウスエディション」が登場

2020.04.01 自動車ニュース
メルセデス・ベンツEクラス ローレウスエディション
メルセデス・ベンツEクラス ローレウスエディション拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年3月31日、「Eクラス」に特別仕様車「ローレウスエディション」を設定し、注文受け付けを開始した。

E200ローレウスエディション
E200ローレウスエディション拡大
「E200ローレウスエディション」のリアビュー。
「E200ローレウスエディション」のリアビュー。拡大
ワイヤレスチャージング機能
ワイヤレスチャージング機能拡大
センターコンソールの「Laureus」バッジ。
センターコンソールの「Laureus」バッジ。拡大
E200ステーションワゴン ローレウスエディション
E200ステーションワゴン ローレウスエディション拡大
E220d 4MATICオールテレイン ローレウスエディション
E220d 4MATICオールテレイン ローレウスエディション拡大

ローレウスとは、リシュモン・グループとダイムラーが共同で設立した、スポーツを通しての社会貢献を目的とした財団である。メルセデス・ベンツではこれまでにも「Cクラス」や「GLC」に、ローレウスの名を冠した特別仕様車を設定してきた。

今回のローレウスエディションは、「Eクラス セダン/ステーションワゴン」の「E200」「E200 4MATIC」「E220d」、および「Eクラス オールテレイン」の「E220d 4MATIC」をベースに、内外装に特別なコーディネートを施すとともに、装備を充実させたモデルである。

セダン/ステーションワゴンでは、スポーティーなエクステリアを演出する「AMGスタイリングパッケージ」や、Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電するワイヤレスチャージング機能、ヘッドアップディスプレイを標準装備。オプションで、ナッパレザー内装や後席シートヒーター、高級オーディオメーカーのブルメスターと共同開発した「Burmesterサラウンドサウンドシステム」などからなる「エクスクルーシブパッケージ」も設定している。また、パノラミックスライディングルーフをセダンにオプションで、ステーションワゴンに標準で用意している。

一方、「E220d 4MATICオールテレイン ローレウスエディション」には、同車専用デザインのハイグロスブラック19インチマルチツインスポークアルミホイールや、ブラックアッシュウッド(マット)のインテリアトリムとセンターコンソール、ワイヤレスチャージング機能、ステアリングヒーターを標準装備。このほかにも、すべてのローレウスエディションのセンターコンソールに「Laureus」のバッジが装着される。

価格は以下の通り。

  • E200ローレウスエディション:755万円
  • E200 4MATICローレウスエディション:778万円
  • E220dローレウスエディション:777万円
  • E200ステーションワゴン ローレウスエディション:810万円
  • E200 4MATICステーションワゴン ローレウスエディション:833万円
  • E220dステーションワゴン ローレウスエディション:831万円
  • E220d 4MATICオールテレイン ローレウスエディション:912万円

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス オールテレイン, Eクラス ステーションワゴン, Eクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.29 試乗記 ステーションワゴンの実用性とSUVらしい姿かたちを特徴とする、「メルセデス・ベンツEクラス」の派生モデルに試乗。他ブランドにも見られるお手軽なクロスオーバーかと思いきや、その走りは、驚くほど素晴らしいものだった。
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」を発売した。SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。
  • ランドローバー・ディフェンダー90 S(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.2 試乗記 新型「ランドローバー・ディフェンダー」はカッコいいけど大きいな~……と悩んでいた人に朗報だ。待ちに待ったショートホイールベース仕様「90」の国内デリバリーがようやくスタート。ロングホイールベース仕様「110」との違いを確かめるべく、早速林道に分け入ってみた。
  • BMW X7 xDrive40d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.27 試乗記 「BMW X7」に、3リッター直6ディーゼルエンジンと48Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「xDrive40d」が登場。新しいパワートレインを積んだBMWの3列・フルサイズSUVは、そのコワモテとは裏腹に、フレンドリーで家族思いなクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス【試乗記】 2021.7.23 試乗記 フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」がマイナーチェンジ。注目はこの改良を機に登場したステーションワゴン「アルテオン シューティングブレーク」である。流麗なフォルムと実用性の高さをうたうニューフェイスの仕上がりやいかに。
ホームへ戻る