東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】横浜ゴム、今日に続く歴代のヒット商品を展示

2017.10.05 自動車ニュース

横浜ゴムは2017年10月5日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)の出展概要を発表した。

今回のモーターショーにおいて、横浜ゴムは自社が2017年10月に創立100周年を迎えることを記念し、これまでのヒット商品を展示するほか、未来へ向けた次世代技術を訴求するとしている。

具体的には、日本初のコードタイヤ「ハマタウン」(1921年製造)の再現モデルや、横浜ゴム初のラジアルタイヤ「G.T. スペシャル」(1967年発売)、スポーツラジアルというカテゴリーを切り開いた「アドバンHF」(1978年発売)などの歴史的商品とあわせて、同年秋より販売予定の「アドバンHFタイプD」や、ストリートスポーツタイヤ「アドバンA052」などの商品が展示される。

その他の商品の展示では、同社が得意としているウエットグリップ技術を訴求。2017年11月より順次販売されるプレミアムコンフォートタイヤ「アドバンdB V552」や、同社のフラッグシップタイヤ「アドバンスポーツV105」、ハイパフォーマンスと低燃費を両立する「BluEarth-A」などを展示し、多くの商品で高いウエットグリップ性能を実現していることをアピールする。

次世代技術では、省資源化を目的に大幅な軽量化を実現したライトウェイトタイヤや、車体が受ける空気の流れをコントロールし、燃費や安全性能を高めるエアロダイナミクスタイヤの進化モデルなどを参考出展。パートナーシップ契約を結ぶチェルシーFCが2016年シーズンで獲得したプレミアリーグの優勝トロフィーも特別展示される(10月25日~10月29日)。

(webCG)
 

第45回東京モーターショーにおける横浜ゴムの出展ブース。
第45回東京モーターショーにおける横浜ゴムの出展ブース。拡大