「三菱eK」シリーズに特別仕様車「プラスエディション」登場

2017.10.06 自動車ニュース
「三菱eKワゴンM e-Assistプラスエディション」
「三菱eKワゴンM e-Assistプラスエディション」拡大

三菱自動車は2017年10月6日、軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「eKスペース カスタムTセーフティー プラスエディション」
「eKスペース カスタムTセーフティー プラスエディション」拡大
「プラスエディション」の購入特典として、17万9280円相当の「特別仕様車専用ワイド2DINナビゲーション」がプレゼントされる。
「プラスエディション」の購入特典として、17万9280円相当の「特別仕様車専用ワイド2DINナビゲーション」がプレゼントされる。拡大

今回の一部改良では、横滑りを感知すると車両の挙動を安定させるスタビリティーコントロール機能およびタイヤの空転を抑えるトラクションコントロール機能からなる「アクティブスタビリティーコントロール」を、全車に標準装備とした。このほか走行安定性を向上させるフロントスタビライザーや坂道発進で車両が下がるのを防止するヒルスタートアシスト、ブレーキ制動の踏力を補助するブレーキアシストについても、全車に標準装備としている。

価格はeKワゴンが「E」(FF車)の104万4360円から、「Tセーフティーパッケージ」(4WD車)の153万7920円まで。eKカスタムが「G」(FF車)の136万8360円から、「Tセーフティーパッケージ」(4WD車)の165万8880円まで。eKスペースが「M」(FF車)の125万2800円から、「カスタムTセーフティーパッケージ」の193万5360円まで。

なお、今回の改良に合わせて、eKワゴンのMおよび「M e-Assist」、eKスペースのカスタムTセーフティーパッケージをベースに特別仕様車「プラスエディション」を設定し、同日に発売した。

プラスエディションにはステアリングオーディオスイッチが備わるほか、「eKスペース カスタムTセーフティー プラスエディション」には、ツイーターも装着される。また、プラスエディションの購入特典として、「特別仕様車専用ワイド2DINナビゲーション」(17万9280円相当)がプレゼントされる。

価格は以下の通り。

  • eKワゴンMプラスエディション:115万5600円(FF車)/126万2520円(4WD車)
  • eKワゴンM e-Assistプラスエディション:118万3680円(FF車)/129万0600円
  • eKスペース カスタムTセーフティー プラスエディション:182万8440円(FF車)/193万5360円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
eKカスタム, eKスペース, eKワゴン, eKスペース カスタム, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKカスタム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
  • 三菱eKスペース/eKクロス スペース 2020.2.6 画像・写真 三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」がフルモデルチェンジ。新たに設定されたクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」も合わせて、その姿を写真で詳しく紹介する。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • 三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.13 試乗記 フルモデルチェンジで2代目に進化した、三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」に試乗。内外装の質感向上や装備の充実に加え、後席の居住性や利便性を追求したという新型の仕上がりを市街地と高速道路を舞台に確かめた。
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る