「三菱eK」シリーズに特別仕様車「プラスエディション」登場

2017.10.06 自動車ニュース
「三菱eKワゴンM e-Assistプラスエディション」
「三菱eKワゴンM e-Assistプラスエディション」拡大

三菱自動車は2017年10月6日、軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「eKスペース カスタムTセーフティー プラスエディション」
「eKスペース カスタムTセーフティー プラスエディション」拡大
「プラスエディション」の購入特典として、17万9280円相当の「特別仕様車専用ワイド2DINナビゲーション」がプレゼントされる。
「プラスエディション」の購入特典として、17万9280円相当の「特別仕様車専用ワイド2DINナビゲーション」がプレゼントされる。拡大

今回の一部改良では、横滑りを感知すると車両の挙動を安定させるスタビリティーコントロール機能およびタイヤの空転を抑えるトラクションコントロール機能からなる「アクティブスタビリティーコントロール」を、全車に標準装備とした。このほか走行安定性を向上させるフロントスタビライザーや坂道発進で車両が下がるのを防止するヒルスタートアシスト、ブレーキ制動の踏力を補助するブレーキアシストについても、全車に標準装備としている。

価格はeKワゴンが「E」(FF車)の104万4360円から、「Tセーフティーパッケージ」(4WD車)の153万7920円まで。eKカスタムが「G」(FF車)の136万8360円から、「Tセーフティーパッケージ」(4WD車)の165万8880円まで。eKスペースが「M」(FF車)の125万2800円から、「カスタムTセーフティーパッケージ」の193万5360円まで。

なお、今回の改良に合わせて、eKワゴンのMおよび「M e-Assist」、eKスペースのカスタムTセーフティーパッケージをベースに特別仕様車「プラスエディション」を設定し、同日に発売した。

プラスエディションにはステアリングオーディオスイッチが備わるほか、「eKスペース カスタムTセーフティー プラスエディション」には、ツイーターも装着される。また、プラスエディションの購入特典として、「特別仕様車専用ワイド2DINナビゲーション」(17万9280円相当)がプレゼントされる。

価格は以下の通り。

  • eKワゴンMプラスエディション:115万5600円(FF車)/126万2520円(4WD車)
  • eKワゴンM e-Assistプラスエディション:118万3680円(FF車)/129万0600円
  • eKスペース カスタムTセーフティー プラスエディション:182万8440円(FF車)/193万5360円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
eKカスタム, eKスペース, eKワゴン, eKスペース カスタム, 三菱, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
ホームへ戻る