トヨタ、「カローラフィールダー/アクシオ」をマイナーチェンジ

2017.10.11 自動車ニュース
「トヨタ・カローラフィールダー ハイブリッドG“W×B”」
「トヨタ・カローラフィールダー ハイブリッドG“W×B”」拡大

トヨタ自動車は2017年10月11日、「カローラフィールダー」と「カローラアクシオ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「カローラアクシオ ハイブリッドG」
「カローラアクシオ ハイブリッドG」拡大

予防安全装備を充実

今回のマイナーチェンジでは、踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新たに設定。また、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense C」を全車に標準装備とした。スマートエントリー&スタートシステムの設定拡大や、一部グレードへのクルーズコントロールの新設定もトピックのひとつ。

そのほか、エクステリアデザインにおいてはフロントバンパーやグリルを中心に意匠を変更。インテリアも、助手席側インストゥルメントパネルにメッキ加飾を施すなど、質感の向上を図っている。

モデルラインナップも一部変更しており、カローラアクシオに、スタイリッシュなデザインが特徴の新パッケージ“W×B(ダブルバイビー)”を設定した。

また、ハイブリッド車については、エンジン・モーター・インバーターなどの制御を改良することで燃費性能を向上させ、34.4km/リッター(JC08モード)の燃費を実現した。

価格は、カローラフィールダーが164万1600円から253万6920円。カローラアクシオが150万5520円から248万2820円。

(webCG)

関連キーワード:
カローラ アクシオ, カローラ フィールダー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ アクシオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
ホームへ戻る