トヨタ、「カローラフィールダー/アクシオ」をマイナーチェンジ

2017.10.11 自動車ニュース
「トヨタ・カローラフィールダー ハイブリッドG“W×B”」
「トヨタ・カローラフィールダー ハイブリッドG“W×B”」拡大

トヨタ自動車は2017年10月11日、「カローラフィールダー」と「カローラアクシオ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「カローラアクシオ ハイブリッドG」
「カローラアクシオ ハイブリッドG」拡大

予防安全装備を充実

今回のマイナーチェンジでは、踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新たに設定。また、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense C」を全車に標準装備とした。スマートエントリー&スタートシステムの設定拡大や、一部グレードへのクルーズコントロールの新設定もトピックのひとつ。

そのほか、エクステリアデザインにおいてはフロントバンパーやグリルを中心に意匠を変更。インテリアも、助手席側インストゥルメントパネルにメッキ加飾を施すなど、質感の向上を図っている。

モデルラインナップも一部変更しており、カローラアクシオに、スタイリッシュなデザインが特徴の新パッケージ“W×B(ダブルバイビー)”を設定した。

また、ハイブリッド車については、エンジン・モーター・インバーターなどの制御を改良することで燃費性能を向上させ、34.4km/リッター(JC08モード)の燃費を実現した。

価格は、カローラフィールダーが164万1600円から253万6920円。カローラアクシオが150万5520円から248万2820円。

(webCG)

関連キーワード:
カローラ アクシオ, カローラ フィールダー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ アクシオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • Chapter 2 Product Overview 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 1955年の誕生以来、最高品質のセダンとして地位を築いてきた「トヨタ・クラウン」。15代目となる最新型には、どんな技術と工夫、そして装備が盛り込まれているのか? 発売間もない特別仕様車も合わせ、その見どころを紹介する。
  • Chapter 1 Driving Impression 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 最新の「トヨタ・クラウン」に、初の特別仕様車となるS“Elegance Style”が登場。伝統と革新のセダンに新たな価値を加えるという、その質感や乗り味について、モータージャーナリスト藤島知子が語る。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • 三菱がコンパクトSUV「RVR」を改良 「ダイナミックシールド」を用いたフロントフェイスを採用 2019.8.22 自動車ニュース 三菱自動車は2019年8月22日、コンパクトSUV「RVR」のフロントおよびリアデザインを変更するとともに一部改良を施し、同日、販売を開始した。三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を用いた顔つきが特徴である。
ホームへ戻る