トヨタ、「カローラフィールダー/アクシオ」をマイナーチェンジ

2017.10.11 自動車ニュース
「トヨタ・カローラフィールダー ハイブリッドG“W×B”」
「トヨタ・カローラフィールダー ハイブリッドG“W×B”」拡大

トヨタ自動車は2017年10月11日、「カローラフィールダー」と「カローラアクシオ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「カローラアクシオ ハイブリッドG」
「カローラアクシオ ハイブリッドG」拡大

予防安全装備を充実

今回のマイナーチェンジでは、踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新たに設定。また、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense C」を全車に標準装備とした。スマートエントリー&スタートシステムの設定拡大や、一部グレードへのクルーズコントロールの新設定もトピックのひとつ。

そのほか、エクステリアデザインにおいてはフロントバンパーやグリルを中心に意匠を変更。インテリアも、助手席側インストゥルメントパネルにメッキ加飾を施すなど、質感の向上を図っている。

モデルラインナップも一部変更しており、カローラアクシオに、スタイリッシュなデザインが特徴の新パッケージ“W×B(ダブルバイビー)”を設定した。

また、ハイブリッド車については、エンジン・モーター・インバーターなどの制御を改良することで燃費性能を向上させ、34.4km/リッター(JC08モード)の燃費を実現した。

価格は、カローラフィールダーが164万1600円から253万6920円。カローラアクシオが150万5520円から248万2820円。

(webCG)

関連キーワード:
カローラ アクシオカローラ フィールダートヨタ 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
  • ジャガーXFスポーツブレイク プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.8.10 試乗記 伸びやかなルーフラインが美しいステーションワゴン「ジャガーXFスポーツブレイク」に試乗。「Fペース」や「Eペース」といった同門のモデルも含めて、SUVが幅を利かせるいま、あえてワゴンを選ぶ理由はどこにある?
ホームへ戻る