Xデーは2019年にやってくる!
次世代SKYACTIVがかなえるマツダの近未来の姿とは?

2017.10.16 デイリーコラム

新世代モデルの導入は2019年に始まる

2017年10月上旬、山口県の美祢試験場において、マツダの次世代ガソリンエンジンである「SKYACTIV-X」のメディア向け試乗会が開催された。そこに用意されていた開発車両は、SKYACTIV-Xを載せていただけでなく、プラットフォームもシャシーも次世代の「スカイアクティブ・ビークルアーキテクチャー」だった。

世界初のガソリンエンジンでの圧縮着火を実用化したSKYACTIV-Xは、中低速ではディーゼルのような力強いトルクを感じさせ、高回転ではガソリンらしい伸びを味わえた。これで下のクラスと同等の優れた燃費性能を備えていれば、相当に商品力は高いといえる。しかも、オルタネーターをモーターアシストに使うマイルドハイブリッドの用意もあるようだ。そうなれば、さらなる高い燃費性能が期待できるだろう。

そのパワートレインを支えるプラットフォーム&シャシーは、これまでの人馬一体のコンセプトをさらに進化させたものだった。しなやかな動きが身上で、ドライバーとの一体感はこれまでになく高い。このパワートレインとシャシーの出来の良さであれば、マツダの次世代商品群が高い評価を受けることは間違いないだろう。

ちなみに、すでにマツダは次世代技術コミュニケーション&導入プランを発表している。それを見ると、次世代ガソリンエンジンであるSKYACTIV-Xも、次世代プラットフォームのスカイアクティブ・ビークルアーキテクチャーも、そして次世代の「魂動デザイン2」も、2019年に導入されることになっている。さらに、2019年にはマイルドハイブリッドも新しいマツダコネクトも導入されるという。ちなみに、バッテリーEV(レンジエクステンダー付きと無し)の導入も2019年だ。つまりは2019年に、すべてが次世代技術に移行した完全な新世代モデルが登場する。2011年にスカイアクティブ・テクノロジーを満載した「CX-5」が登場した時と同じインパクトがこの年に再現されるのだ。

さらに、この10月下旬に開催される東京モーターショーには、次世代のデザインを示唆するコンセプトモデルと次世代商品コンセプトが出品されるという。ここにきて、矢継ぎ早に発表されはじめたマツダの未来を示唆するテクノロジーとデザイン、そしてそれらの導入計画。現時点で得られた事実から、次世代のモデルの姿を考えてみたいと思う。

美祢試験場のコースを走る、「アクセラ」ベースの試作車。
美祢試験場のコースを走る、「アクセラ」ベースの試作車。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事