キャデラック・エスカレード プラチナム(前編)

2017.10.19 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役はアメリカンラグジュアリーSUVの雄「キャデラック・エスカレード」である。全長5.2mで、全幅は2mオーバー、エンジンは6.2リッターのV8と、なにからなにまでが“フルサイズ”のエスカレードに、谷口はなにを見いだすのか?

第一印象はとにかくでかい!

この連載では異色の存在といっていいモデルの登場である。
キャデラック・エスカレードはアメリカの大型SUV市場で大人気のモデルで、2016年は3万9000台あまりを販売。およそ3万台で2位の「メルセデス・ベンツGLS」、1万6000台ほどで3位を競い合う「インフィニティQX56」や「レンジローバー」などを突き放し、堂々の第1位を獲得している。

ちなみに今回、谷口信輝に試乗してもらったのは、日本では今年6月に発表されたばかりの新型。しかも、「キャデラック・エスカレード プラチナム」と呼ばれる最高級グレードで、価格は1360万円もする高級車である。

そのスペックを簡単に紹介すると、排気量6153ccのV8 OHVエンジンは最高出力426psと最大トルク623Nmを発生。興味深いのは意外にも高回転型なことで、最高出力はなんと5600rpmで生み出される。

堂々としたボディーのスリーサイズは5195×2065×1910mmで、車重は2670kg。カタログにはフロントサスペンションが“独立式”、リアが“5リンク式”と記されているが、もう少しわかりやすく書けばフロントはダブルウィッシュボーン式、リアは5リンクで支えられたリジッド式となる。

試乗を終えた谷口に、その第一印象を語ってもらった。
「当たり前ですが、ものすごくでっかいですよね。しかも、運転席に腰掛けたときの視点がとんでもなく高い。まるでバスかトラックを運転しているような感覚で、本当にでかいですよ」

ちなみに、身長185cmの谷口がかたわらに立つと、運転席の座面は彼の腰ほどの高さにあった。つまり、シートの地上高がおよそ1mもあることになる。

 
キャデラック・エスカレード プラチナム(前編)の画像拡大
 
キャデラック・エスカレード プラチナム(前編)の画像拡大
 
キャデラック・エスカレード プラチナム(前編)の画像拡大
キャデラック・エスカレード プラチナム
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5195×2065×1910mm/ホイールベース:2950mm/車重:2670kg/駆動方式:4WD/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ/トランスミッション:8段AT/最高出力:426ps/5600rpm/最大トルク:623Nm/4100rpm/タイヤ:(前)285/45R22 (後)285/45R22/価格:1360万円
キャデラック・エスカレード プラチナム
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5195×2065×1910mm/ホイールベース:2950mm/車重:2670kg/駆動方式:4WD/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ/トランスミッション:8段AT/最高出力:426ps/5600rpm/最大トルク:623Nm/4100rpm/タイヤ:(前)285/45R22 (後)285/45R22/価格:1360万円拡大
 
キャデラック・エスカレード プラチナム(前編)の画像拡大

関連キーワード:
エスカレード, キャデラック

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード(4WD/8AT)/XT5クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.7 試乗記 キャデラックがラインナップする2つのSUV……古式ゆかしきフルサイズモデル「エスカレード」と、モダンな世界戦略車「XT5クロスオーバー」に試乗。両モデルの出来栄えと、成長を続けるプレミアムブランド、キャデラックの現状をリポートする。
  • 新型「プジョー508」、まずは限定車が先行上陸 2018.11.2 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月1日、新型「プジョー508」の本格導入に先駆け、限定車「508ファーストエディション」を設定し、オンラインにて予約受け付けを開始した。限定台数は60台となる。
  • 「スズキ・ハスラー」の特別仕様車「ワンダラー」発売 2018.11.1 自動車ニュース スズキは2018年11月1日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」を設定し、同年11月15日に発売すると発表した。あわせて、ハスラーの各グレードについても、一部仕様変更を行っている。
  • 自分好みのアバルト595を作れるメイク・ユア・スコーピオンを実施 2018.10.24 自動車ニュース FCAジャパンは2018年10月24日、アバルトの創始者であるカルロ・アバルトの誕生日と星座(11月15日生まれのさそり座)にちなみ、同年11月15日から12月16日までの期間限定で、「アバルト595」シリーズのカスタマイズプログラムを導入すると発表した。
  • フォルクスワーゲン、ザ・ビートルの3グレードに特別仕様車を設定 2018.10.23 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年10月23日、「ザ・ビートル」が2019年に日本での販売を終了するのに伴い、“See You The Beetle キャンペーン”の第4弾として特別仕様車「ザ・ビートル マイスター」を発売すると発表した。
ホームへ戻る