キャデラック・エスカレード プラチナム(前編)

2017.10.19 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役はアメリカンラグジュアリーSUVの雄「キャデラック・エスカレード」である。全長5.2mで、全幅は2mオーバー、エンジンは6.2リッターのV8と、なにからなにまでが“フルサイズ”のエスカレードに、谷口はなにを見いだすのか?

第一印象はとにかくでかい!

この連載では異色の存在といっていいモデルの登場である。
キャデラック・エスカレードはアメリカの大型SUV市場で大人気のモデルで、2016年は3万9000台あまりを販売。およそ3万台で2位の「メルセデス・ベンツGLS」、1万6000台ほどで3位を競い合う「インフィニティQX56」や「レンジローバー」などを突き放し、堂々の第1位を獲得している。

ちなみに今回、谷口信輝に試乗してもらったのは、日本では今年6月に発表されたばかりの新型。しかも、「キャデラック・エスカレード プラチナム」と呼ばれる最高級グレードで、価格は1360万円もする高級車である。

そのスペックを簡単に紹介すると、排気量6153ccのV8 OHVエンジンは最高出力426psと最大トルク623Nmを発生。興味深いのは意外にも高回転型なことで、最高出力はなんと5600rpmで生み出される。

堂々としたボディーのスリーサイズは5195×2065×1910mmで、車重は2670kg。カタログにはフロントサスペンションが“独立式”、リアが“5リンク式”と記されているが、もう少しわかりやすく書けばフロントはダブルウィッシュボーン式、リアは5リンクで支えられたリジッド式となる。

試乗を終えた谷口に、その第一印象を語ってもらった。
「当たり前ですが、ものすごくでっかいですよね。しかも、運転席に腰掛けたときの視点がとんでもなく高い。まるでバスかトラックを運転しているような感覚で、本当にでかいですよ」

ちなみに、身長185cmの谷口がかたわらに立つと、運転席の座面は彼の腰ほどの高さにあった。つまり、シートの地上高がおよそ1mもあることになる。

 
キャデラック・エスカレード プラチナム(前編)の画像拡大
 
キャデラック・エスカレード プラチナム(前編)の画像拡大
 
キャデラック・エスカレード プラチナム(前編)の画像拡大
キャデラック・エスカレード プラチナム
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5195×2065×1910mm/ホイールベース:2950mm/車重:2670kg/駆動方式:4WD/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ/トランスミッション:8段AT/最高出力:426ps/5600rpm/最大トルク:623Nm/4100rpm/タイヤ:(前)285/45R22 (後)285/45R22/価格:1360万円
キャデラック・エスカレード プラチナム
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5195×2065×1910mm/ホイールベース:2950mm/車重:2670kg/駆動方式:4WD/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ/トランスミッション:8段AT/最高出力:426ps/5600rpm/最大トルク:623Nm/4100rpm/タイヤ:(前)285/45R22 (後)285/45R22/価格:1360万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT5プラチナム 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがキャデラックの新型セダン「CT5」を日本に導入。クーペを思わせるファストバックスタイルが特徴で、エンジンには2リッター直噴ターボを採用している。コンセプトカー「エスカーラ」をモチーフにしたというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • キャデラックXT4スポーツ 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがコンパクトSUV「キャデラックXT4」を日本に導入。ダイナミックなボディーラインと高効率な車内空間が特徴で、各種先進装備に加え、後席や荷室の広さもセリングポイントとして挙げられている。ブランド初のコンパクトSUVを写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
  • 第689回:これぞイタリア流EVだ! 大矢アキオが新型「フィアット500」とご対面 2021.1.14 マッキナ あらモーダ! 2020年3月にお披露目された新型「フィアット500」が、いよいよイタリアのディーラーに並び始めた。新型は100%電気自動車となったところがトピックだが、実車を見た大矢アキオは、既存のフィアット車とは決定的に違うところがあるという。それは果たして?
  • マクラーレン720S(後編) 2021.1.17 思考するドライバー 山野哲也の“目” 前編で「マクラーレン720S」を未来型スーパーハンドリングマシンと評した山野哲也。後編ではそのハンドリング性能を支えるポイントについて、レーシングドライバーの視点から解説してもらおう。
ホームへ戻る