日進月歩のテクノロジー
AI技術でカーライフはどう変わる?

2017.10.20 デイリーコラム

AIは使えるモノになる

自動車業界における昨今のトレンドのひとつに「自動運転技術」があることは今更いうまでもありませんが、それに関連したキーワードとしてよく取り上げられるのが「AI(人工知能)」です。

AIは「Artificial Intelligence」の略で、文字通り「人間が作った知能」のこと。語り始めるといくら文字数があっても足りないくらい、深く、複雑な領域です。そのAIは、これまで1950~1960年代の第1次、1980年代の第2次と、過去2度のブームを経て現在に至っているのですが、「ビッグデータの登場と活用」「ディープラーニング(より深いレベルで機械が学習できる手法)」「センサー類の高度な発達」などにより、その技術的レベルは急速に高まっています。いやらしい言い方ですが、「今度こそモノ(商売)になる!」と鼻息の荒い企業も多いのです。

それでは、昨今の「IoT(Internet of Things=あらゆるモノがインターネットと接続する)」時代、われわれの生活、中でも自動車の世界ではどのような変化が生じうるのでしょうか?

前述したように、AIはひとことでは語りきれない世界です。しかし実際の世の中ではあらゆるジャンルで「AI搭載」「AIによる〇〇技術」といった商品が乱立しています。それはまるで1980年代のパソコンブームに近いものがあります。当時も「パソコン1台あれば何でもできる」などとブームに乗りたがる傾向はあって、「魔法のパソコン、使えなければタダの箱」という言葉が私の周りで(皮肉も込めて)はやっていたくらいでした。

ただ現在のAIに関しては、技術レベルが大きく向上していることや、中長期的なビジョンがかなり確立されていることから、将来が期待できます。IoTに代表される「つながる」という考えをどこまで進化・協調させられるか。そこがポイントになるでしょう。

東京モーターショー2017に出展される、「三菱e-エボリューションコンセプト」。AI技術を盛り込むことにより、どんな気象条件や路面状況でも、クルマとドライバーの意思を高度に同調させ、意のままになるドライビングを実現するとうたわれる。
東京モーターショー2017に出展される、「三菱e-エボリューションコンセプト」。AI技術を盛り込むことにより、どんな気象条件や路面状況でも、クルマとドライバーの意思を高度に同調させ、意のままになるドライビングを実現するとうたわれる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事