「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」が日本上陸

2017.10.24 自動車ニュース
「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」
「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」拡大

BMWジャパンは2017年10月23日、4ドアファストバッククーペの「6シリーズ グランツーリスモ」を発表し、同日に販売を開始した。

独特のクーペスタイルをまとう、「6シリーズ グランツーリスモ」のリアビュー。
独特のクーペスタイルをまとう、「6シリーズ グランツーリスモ」のリアビュー。拡大
センターコンソールは、ドライバー側に向けられている。
センターコンソールは、ドライバー側に向けられている。拡大
後席の様子。3070mmのホイールベースを生かし、広い空間が確保される。
後席の様子。3070mmのホイールベースを生かし、広い空間が確保される。拡大

クーペとワゴンのいいとこ取り

BMWは2009年に、「5シリーズ」のボディーバリエーションのひとつとして「5シリーズ グランツーリスモ」を追加している。この4ドアファストバッククーペが、フルモデルチェンジを機に「6シリーズ グランツーリスモ」として生まれ変わった。

「6シリーズ」を名乗るものの、ベースとなるのは「6シリーズクーペ/カブリオレ/グランクーペ」ではなく、「G30」と呼ばれる現行型5シリーズだ。「5シリーズ セダン」よりも95mm長い3070mmのホイールベースと、全長×全幅×全高=5105×1900×1540mmのゆとりあるサイズのボディーに、サッシュレスドア(フレームレスウィンドウドア)と大型のテールゲートを組み合わせることで、エレガントなクーペスタイルとステーションワゴンに迫る機能性の両立を図った。

6シリーズ グランツーリスモのエクステリアは、独特のプロポーションに加えて、フロントのホイールアーチ後方に設けられた「エアブリーザー」を一体化したサイドスカートや、可動式リアスポイラーなどにより、個性的なデザインに仕立てられている。軽量化のため、ドア、ボンネット、テールゲートはアルミ製に。インテリアは、ダコタレザーシートの採用などにより上質さを演出。長いホイールベースがゆとりある後席スペースを確保するとともに、ラゲッジスペースは先代よりも110リッター広い610リッターとなった。さらに後席を倒せば最大1800リッターまで拡大することも可能だ。

荷室の容量は5人乗車時で610リッター。後席を倒すことで、最大1800リッターにまで拡大できる。
荷室の容量は5人乗車時で610リッター。後席を倒すことで、最大1800リッターにまで拡大できる。拡大
日本仕様車には、最高出力340ps、最大トルク450Nmを発生する3リッター直6ターボエンジンが搭載される。
日本仕様車には、最高出力340ps、最大トルク450Nmを発生する3リッター直6ターボエンジンが搭載される。拡大
「6シリーズ グランツーリスモ」には、先進の運転支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」が搭載される。
「6シリーズ グランツーリスモ」には、先進の運転支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」が搭載される。拡大
「640i xDriveグランツーリスモ Mスポーツ デビューエディション」。日本での「6シリーズ グランツーリスモ」発売を記念して、40台限定で販売される。
「640i xDriveグランツーリスモ Mスポーツ デビューエディション」。日本での「6シリーズ グランツーリスモ」発売を記念して、40台限定で販売される。拡大
「640i xDriveグランツーリスモ Mスポーツ デビューエディション」のリアビュー。ボディーカラーは専用色の「ソフィスグレー」が採用される。
「640i xDriveグランツーリスモ Mスポーツ デビューエディション」のリアビュー。ボディーカラーは専用色の「ソフィスグレー」が採用される。拡大

デビューを記念した限定車も

エンジンは、3リッター直列6気筒ターボを採用。最高出力340ps(250kW)、最大トルク450Nmのアウトプットは、8段ATとxDriveと呼ばれる4WDシステムにより路面に伝えられる。JC08モード燃費は10.9km/リッター。サスペンションは、速度や荷物の積載量などにより車高を-10mmから+20mmの範囲で自動的に調節できる4輪アダプティブエアサスペンションを採用する。

装備や運転支援システムは5シリーズに準じており、走行時に車線の中央付近を走行できるようにサポートする「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」をはじめ、隣の車線を走るクルマの車線変更を監視し接触を回避する「アクティブ・サイド・コリジョン・プロテクション」、「衝突回避・被害軽減ブレーキ機能(歩行者検知機能付き)」、「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、「レーン・チェンジ・ウォーニング」などを備える「ドライビング・アシスト・プラス」を採用している。また、BMWディスプレイキーにより車外から駐車操作が可能な「リモート・パーキング」なども利用できる。

ラインナップは、3リッター直列6気筒ターボを積む「640 xDriveグランツーリスモ Mスポーツ」のみで、価格は1081万円である。

なお、BMWジャパンでは、新型6シリーズ グランツーリスモの発売を記念して、「640i xDriveグランツーリスモ Mスポーツ デビューエディション」を40台限定で発売する。このクルマは、専用色の「ソフィスグレー」のボディーカラーが採用されており、コニャック色のダコタレザーシート、ピアノブラックのインテリアトリム、Bowers&Wilkinsダイヤモンド・サラウンドサウンドシステム、リアエンターテインメントシステム、リモート・パーキングが可能なBMWディスプレイキーなどが装着されている。右ハンドル仕様で、価格は1289万円。

(文=生方 聡)
 

関連キーワード:
6シリーズ グランツーリスモ, BMW, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 640i xDriveグランツーリスモMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.8 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に試乗。5mを優に超えるビッグサイズのボディーにハッチゲートを備えた、BMWのモデルラインナップにおいて“変化球”ともいえるポジションのクルマに、果たして「駆けぬける歓び」はあるのだろうか。
  • メルセデス・ベンツA220 4MATICセダン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.10.20 試乗記 とどまるところを知らぬメルセデスの新型車攻勢。新型「Aクラス」にも、「ハッチバック」に続いて早くも「セダン」が設定された。ややもすれば「Cクラス」をも食いかねない、ニューフェイスの出来栄えやいかに!? アメリカ・シアトルからの第一報。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • アウディA7スポーツバック55 TFSIクワトロ ファーストエディション(4WD/7AT)【試乗記】 2018.11.7 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となったアウディのラグジュアリーモデル「A7スポーツバック」に試乗。燃費や安全性を高める先進のメカニズムが詰まった最新型は、しかし、自ら積極的にむちを当てたくなる走りの4ドアクーペだった。
ホームへ戻る