東京モーターショー2017

ダイハツ・コンパーノ ベルリーナ:白ナンバーダイハツの源流

2017.10.27 自動車ニュース
「ダイハツ・コンパーノ ベルリーナ」
「ダイハツ・コンパーノ ベルリーナ」拡大

第45回東京モーターショーの出展車両の中から下野康史が注目したのは、ダイハツのコンセプトカー「DNコンパーノ」……ではなく、その横に並べられた“オリジナル”の「コンパーノ ベルリーナ」だった。

第45回東京モーターショーに展示されているこちらの車両は、親子2代の“ダイハツマン”が乗り継いでいる。
第45回東京モーターショーに展示されているこちらの車両は、親子2代の“ダイハツマン”が乗り継いでいる。拡大
こちらは「ダイハツDNコンパーノ」。
こちらは「ダイハツDNコンパーノ」。拡大

親子2代のダイハツマンが乗り継ぐ

軽だけじゃない、白いナンバーのオリジナルダイハツを再び世に問いたい! というメッセージが込められたコンセプトカーが、“DNコンパーノ”である。悲願のわりに「ヘタウマ」みたいなカッコがサプライズだが、そもそも1963年登場のコンパーノ ベルリーナまでさかのぼっちゃったの!? というのがびっくり。イタリアのヴィニャーレにデザインを頼んだこのクルマ、当時、小学生だったぼくには、「ミゼット」のダイハツが突然、出したミョーにカッコいいクルマとして、印象的だったのだ。

DNコンパーノの隣に置かれているコンパーノ ベルリーナは、ダイハツの営業部の社員が所有する1964年式。親子2代のダイハツマンで、現役当時にデザイナーだったお父さまから最近、譲り受けたクルマだという。オレンジ色はカタログにはなかったが、特注で塗ってもらった新車時からのオリジナル塗装だそうだ。

半世紀以上のときを隔てた新旧コンパーノ。どっちが美しいでしょうか、なんてことはともかく、自社開発の白ナンバーダイハツカムバックに期待したい。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=webCG)

関連キーワード
東京モーターショー2017
関連記事
関連サービス(価格.com)