フェラーリ、サーキット専用車「FXX-K Evo」を発表

2017.10.31 自動車ニュース
「フェラーリFXX-K Evo」
「フェラーリFXX-K Evo」拡大

伊フェラーリは2017年10月29日(現地時間)、サーキットイベント「フィナーリ・モンディアーリ」において、「FXX-K Evo」を世界初公開した。

 
フェラーリ、サーキット専用車「FXX-K Evo」を発表の画像拡大
 
フェラーリ、サーキット専用車「FXX-K Evo」を発表の画像拡大
 
フェラーリ、サーキット専用車「FXX-K Evo」を発表の画像拡大
 
フェラーリ、サーキット専用車「FXX-K Evo」を発表の画像拡大
 
フェラーリ、サーキット専用車「FXX-K Evo」を発表の画像拡大

FXX-K Evoは、サーキット走行に特化したスペシャルモデル「XX」シリーズの最新モデルにあたり、これまでの「FXX」や「599XX」などと同じく、F1やGT3、GTE、ワンメイクレース用の競技車両など、さまざまなレーシングカーから得たノウハウが注ぎ込まれている。

具体的には、軽量化を追求するために、F1由来のカーボンファイバーコンポーネンツの製造技術を導入。固定式のリアウイングをはじめとした各種デバイスが追加されているにもかかわらず、従来モデルの「FXX-K」より重量を抑えることに成功している。

また空力性能の強化も図っており、1年にわたる緻密なCFD(流体解析)シミュレーションと風洞実験により、GT3およびGTEのレース車両に極めて近いダウンフォースを実現。ダウンフォース係数を従来モデル比で23%、ベースとなったロードモデル比で75%向上させており、200km/h走行時で640kg、最高速の速度域では830kgを超えるダウンフォースを発生させるという。

またパフォーマンスの向上にともない、FXX-K Evoでは新設計のフロントブレーキエアインテークを採用。サスペンションのセッティングも変更している。

(webCG)
 

関連キーワード:
フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事