「日産ノート」にSUVテイストの特別仕様車「シーギア」登場

2017.10.31 自動車ニュース
「日産ノートe-POWERシーギア ツーリングパッケージ」
「日産ノートe-POWERシーギア ツーリングパッケージ」拡大

日産自動車は2017年10月30日、コンパクトハッチバック車「ノート」に特別仕様車「C-Gear(シーギア)」を設定し、同日受注を開始した。

 
「日産ノート」にSUVテイストの特別仕様車「シーギア」登場の画像拡大
シートクロスにはグリーンがあしらわれる。
シートクロスにはグリーンがあしらわれる。拡大
オプションの「ツーリングパッケージ」に含まれる16インチアルミホイール。
オプションの「ツーリングパッケージ」に含まれる16インチアルミホイール。拡大

今回のシーギアは、専用の内外装パーツの装着により、ノートの持つアクティブ感を強調したとうたわれる、SUVテイストの特別仕様車である。

ダークメタリック色のスタイリングガードやホイールアーチガーニッシュのほか、専用デザインの15インチアルミホイール、グリーン色をあしらった専用シートクロスを装備する。

また、ハイブリッド車の「ノートe-POWER Xシーギア」には、ボディー補強や専用チューニングのサスペンション、電動パワーステアリング、加速性能を高める「ファインレスポンスVCM(ビークルコントロールモジュール)」、専用デザインの16インチアルミホイールからなる「ツーリングパッケージ」もオプションで用意されている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ノートXシーギア:177万2280円
  • ノートX FOURシーギア:198万8280円
  • ノートe-POWER Xシーギア:223万5600円

(webCG)

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • メルセデス・ベンツEQシリーズ【海外試乗記】 2018.10.19 試乗記 2016年のパリモーターショーで発表されたメルセデスの「EQ」は、同社の電動化モデルに与えられるブランド名だ。プラグイン燃料電池車の「GLC F-CELL」を筆頭に、ディーゼルPHVの「C300de」やピュアEVの「スマートEQフォーツー」など全ラインナップの走りをリポートする。
ホームへ戻る