クロームパーツで飾った「フィアット500クロマータ」登場

2017.11.09 自動車ニュース
「フィアット500クロマータ」
「フィアット500クロマータ」拡大

FCAジャパンは2017年11月8日、「フィアット500」に特別仕様車「Cromata(クロマータ)」を設定し、同年11月18日に100台の台数限定で発売すると発表した。

 
クロームパーツで飾った「フィアット500クロマータ」登場の画像拡大
 
クロームパーツで飾った「フィアット500クロマータ」登場の画像拡大
 
クロームパーツで飾った「フィアット500クロマータ」登場の画像拡大

500クロマータは、1.2リッター直4エンジンを搭載する「1.2ポップ」をベースに、ミラーカバーやビンテージスタイルのホイールカバー、ドアシルプレートにクロームのアクセントパーツを装着することで、500の特徴であるレトロモダンな雰囲気を強調したという特別仕様車である。クロマータはイタリア語でクロームを意味している。

インテリアでは、ベース車ではグレー基調となるシートカラーを、上級グレードの「ラウンジ」と同じアイボリーとグレンチェック柄を組み合わせたものに変更した。

ボディーカラーは「ボサノバホワイト」(限定50台)と「パソドブレレッド」(同50台)の全2色が用意される。価格は205万2000円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
ホームへ戻る