クロームパーツで飾った「フィアット500クロマータ」登場

2017.11.09 自動車ニュース
「フィアット500クロマータ」
「フィアット500クロマータ」拡大

FCAジャパンは2017年11月8日、「フィアット500」に特別仕様車「Cromata(クロマータ)」を設定し、同年11月18日に100台の台数限定で発売すると発表した。

 
クロームパーツで飾った「フィアット500クロマータ」登場の画像拡大
 
クロームパーツで飾った「フィアット500クロマータ」登場の画像拡大
 
クロームパーツで飾った「フィアット500クロマータ」登場の画像拡大

500クロマータは、1.2リッター直4エンジンを搭載する「1.2ポップ」をベースに、ミラーカバーやビンテージスタイルのホイールカバー、ドアシルプレートにクロームのアクセントパーツを装着することで、500の特徴であるレトロモダンな雰囲気を強調したという特別仕様車である。クロマータはイタリア語でクロームを意味している。

インテリアでは、ベース車ではグレー基調となるシートカラーを、上級グレードの「ラウンジ」と同じアイボリーとグレンチェック柄を組み合わせたものに変更した。

ボディーカラーは「ボサノバホワイト」(限定50台)と「パソドブレレッド」(同50台)の全2色が用意される。価格は205万2000円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • 「フィアット・パンダ」に特別仕様車「コンフォート」登場 快適性を高めた限定モデル 2020.4.8 自動車ニュース 「フィアット・パンダ」に90台の限定モデル「コンフォート」が登場。フルオートエアコンとシートヒーター(前席)、リアパーキングセンサーを標準装備するほか、ベース車より1インチ小さい14インチアルミホイールも特徴となっている。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(前編) 2021.5.2 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ルノー・トゥインゴ」に試乗。これまで「ポルシェ911」や「ホンダNSX」などを相手にしてきた山野にとっては、初めての「フツーのクルマ」である。果たしてどんな評価を下すのだろうか。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
ホームへ戻る