ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(前編)

2017.11.16 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役はレンジローバーファミリーに追加された第4のモデル「ヴェラール」である。スタイリッシュなボディーをまとう新しいレンジローバーの登場に、谷口は何を思う?

「このスタイリング、本当にカッコいい」

かつてこの連載で「レンジローバー」の最上級グレードである「SVオートバイオグラフィー」に試乗したとき、谷口信輝がいたく気に入ってしまったのを覚えているだろうか。そんなことがあったので、谷口がレンジローバーの新しい仲間、ヴェラールをどう見ているのか、筆者はとても興味を持っていた。実車を前にして、谷口自身も「ヴェラール、カッコいいですよね」と興味津々のようだ。

ヴェラールのスリーサイズは全長4820×全幅1930×全高1685mmである。全長と全幅を見ると、レンジローバーファミリーの「レンジローバー スポーツ」(4855×1985×1800mm)に近い。しかし、全高については10cm以上も低いというユニークなフォルムを持っている。

おまけに、今回連れ出した「ヴェラール ファーストエディション」は、外径が見るからに大きい22インチサイズのタイヤを履いている。低く構えて、足が長い、見るからにスポーティーなプロポーションが自慢だ。

「あれっ、コレ、いいじゃないですか。こういうの好きだなぁ」
そう言って谷口がチェックしているのは“フラッシュドアハンドル”である。ドアにロックを掛けるか、あるいは走行しはじめて8km/hを超えると、ドアハンドルがドアパネルに自動で格納されるようになっている。こんな仕掛けのかいもあって、空気抵抗係数はランドローバーで最も低い0.32に抑えられているという。

すっきりとしていて無駄を省いたヴェラールのスタイリングには、その奥に、同時にダイナミックな走りを予感させる、線の太い、安定した骨格が透けて見えるかのようである。ヴェラールの美しさは、表面的なラインやディテール処理に依存するのではなく、フォルムそのものが放っていると見ていいだろう。そこには、なだらかな曲線を描く優雅なルーフラインこそない。しかし、その世界はきわめてクーペ的である。

「このスタイリング、すごくいいですよね。本当にカッコいい」
そう言って、ヴェラールをためつすがめつ眺める谷口も、おそらく同じ印象を持っていたのではないだろうか。

 
ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(前編)の画像拡大
 
ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(前編)の画像拡大
 
ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(前編)の画像拡大
ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4820×1930×1685mm/ホイールベース:2875mm/車重:2080kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:380ps(280kW)/6500rpm/最大トルク:450Nm(45.9kgm)/3500rpm/タイヤ:(前)265/40R22 (後)265/40R22/価格:1526万円
ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4820×1930×1685mm/ホイールベース:2875mm/車重:2080kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:380ps(280kW)/6500rpm/最大トルク:450Nm(45.9kgm)/3500rpm/タイヤ:(前)265/40R22 (後)265/40R22/価格:1526万円拡大
 
ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(前編)の画像拡大

関連キーワード:
レンジローバー ヴェラール , ランドローバー

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る