「ヴィッツ」「86」などのスポーツコンバージョン車が登場

2017.11.21 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツGRMN」。商談の受け付けは2018年4月に始められる。
「トヨタ・ヴィッツGRMN」。商談の受け付けは2018年4月に始められる。拡大
「ヴィッツGRMN」のインテリア。専用のスポーツシートが装着される。
「ヴィッツGRMN」のインテリア。専用のスポーツシートが装着される。拡大
「ヴィッツGRMN」には、「86」ゆずりの小径ステアリングホイールが与えられる。
「ヴィッツGRMN」には、「86」ゆずりの小径ステアリングホイールが与えられる。拡大

トヨタ自動車は2017年11月21日、スポーツコンバージョン車「GR」シリーズ4車種を、同年11月27日以降に順次発売すると発表した。このうち「アクアGRスポーツ」は11月27日に、「プリウスα GRスポーツ」は12月1日に、「86 GR」は2017年12月18日に販売を開始。「ヴィッツGRMN」は150台限定で、全国のGRガレージおよび専用ウェブサイトで2018年4月9日に商談申し込みの受け付けを開始する。応募多数の場合は、5月21日に抽選を行う予定だ。

中でも目玉となるのは、トヨタのスポーツカーシリーズ「GR」の頂点に立つヴィッツGRMN。ドイツ・ニュルブルクリンクでのテスト走行や、全日本ラリーに参戦しているヴィッツの知見を盛り込んで開発された、数量限定モデルである。

スーパーチャージャーで過給される1.8リッター直4エンジンは、パワーとアクセル操作に対するレスポンスを両立。欧州仕様車の3ドアボディーにタワーバー(フロント)やブレースを追加し一段と剛性を高めたボディーや、専用チューニングが施されたザックス製ショックアブソーバー、トルセンLSDなどにより、サーキットから一般道まで意のままに操れる走りを実現したとうたわれる。

専用のT-ConnectナビゲーションとTOYOTA GAZOO Racing Recorderを同時装着することで、サーキットでのラップタイム計測や走行データ分析などができる機能も用意される。

86 GRは、2016年2月に100台限定で発売した「86 GRMN」をもとに開発されたFRスポーツカー。ブレースを追加してボディー剛性を高めたほか、専用チューニングのザックス製ショックアブソーバー、86 GRMNと同じトルセンLSD、高性能ブレーキなどが装着される。

気軽にスポーツドライビングを楽しめるモデルとされるアクアGRスポーツ、プリウスα GRスポーツも、ボディー剛性を強化したほか、専用チューニングしたサスペンションを搭載。ハイブリッドならではの優れた低燃費性に、走る楽しさを加えたとアピールされる。

各モデルの主なチューニングポイントと価格は以下のとおり。

「ヴィッツGRMN」
「ヴィッツGRMN」拡大

【ヴィッツGRMN】

  • 専用バンパー(フロント、リア)+専用ラジエーターグリル
  • フロント4ポット+スリット入りローターブレーキ
  • BBS製軽量鍛造アルミホイール
  • 専用フロントスポーツシート
  • 専用メーター(「GR」ロゴ付き)
  • 小径ステアリングホイール

価格

  • ヴィッツGRMN:400万円
「86 GR」
「86 GR」拡大

【86 GR】

  • 専用フルエアロパーツ
  • フロント6ポット、リア4ポット+ドリルドローターブレーキ
  • レイズ製鍛造アルミホイール(フロント:215/45R17、リア:235/45R17)
  • 専用センターシングルエキゾーストテールパイプ
  • レカロ製フロントシート(サイドエアバッグ付き)
  • 専用コンビネーションメーター(ホワイトプレートタコメーター/「GR」ロゴ付き)

価格

  • 86 GR:496万8000円
「アクアGRスポーツ」
「アクアGRスポーツ」拡大

【アクアGRスポーツ】

  • 専用バンパー(フロント、リア)+専用ラジエーターグリル
  • スポット打点追加
  • 専用チューニングサスペンション
  • 専用フロントスポーティーシート
  • タコメーター追加(17インチパッケージのみ)
  • 本革巻きシフトノブ(シルバーステッチ入り)
  • 小径ステアリングホイール(17インチパッケージのみ)

価格

  • アクアG“GRスポーツ”:233万2800円
  • アクアG“GRスポーツ”17インチパッケージ:253万8000円
「プリウスα GRスポーツ」
「プリウスα GRスポーツ」拡大

【プリウスα GRスポーツ】

  • 専用バンパー(フロント、リア)+専用ラジエーターグリル
  • 専用チューニングサスペンション
  • 専用アルミホイール
  • ブレース追加
  • 専用フロントスポーティーシート
  • 専用タコメーター(「GR」ロゴ付き)
  • 小径ステアリングホイール

価格

  • プリウスα S“ツーリングセレクション・GRスポーツ”(5人乗り):335万1240円
  • プリウスα S“ツーリングセレクション・GRスポーツ”(7人乗り):355万6440円

(webCG)
 

関連キーワード:
ヴィッツアクア86プリウスαトヨタ 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • トヨタヴィッツにスポーツグレード「RS」登場 2000.10.25 自動車ニュース ヴィッツのスポーツパッケージオプション、「U ユーロスポーツエディション」が、「RS」というグレード名に変更され、2000年10月 23日に発売された。3dr、5drというボディ形状は同じながら、従来の1.3リッターに 加え、ヴィッツとしては初めて1.5リッターユニットが搭載された。RSは、専用チューニングを施されたサスペンションを採用。リヤブレーキがディスク になったのも新しい。1.5リッターVVT-iエンジン(110PS、14.6kgm)搭載車には185/ 55R15タイヤを履く専用アルミホイールを装着、走りの向上を目指した。EBD付ABSは 全車に標準装備された。外装は専用のフロントバンパー、サイドマッドガード、リヤバンパー、ブラックアウ ト化されたヘッドランプが採用された。ボディカラーは、ストロンダブルーメタリッ ク、グレーメタリックを新設定、計6色から選択できる。内装面では、タコメーター付のアナログメーターをはじめ、専用のスポーツシート (フロント)や本革巻きのステアリングホイールを採用。内装色をダークグレーのモ ノトーンで統一し、スポーティーさを演出する。価格は122.3万円〜158.0万円。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」に152psのターボモデル 2013.8.7 自動車ニュース 152psのターボエンジンを搭載した「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」が登場。
ホームへ戻る