音と走りにこだわった「フィアット500Sデチベル」登場

2017.11.24 自動車ニュース
「フィアット500Sデチベル」
「フィアット500Sデチベル」拡大

FCAジャパンは2017年11月22日、「フィアット500」に特別仕様車「500S Decibel(デチベル)」を設定し、同年12月2日に90台の台数限定で発売すると発表した。

 
音と走りにこだわった「フィアット500Sデチベル」登場の画像拡大
 
音と走りにこだわった「フィアット500Sデチベル」登場の画像拡大
 
音と走りにこだわった「フィアット500Sデチベル」登場の画像拡大

今回の500Sデチベルは、0.9リッター直2ターボのTwin Airエンジンに、標準車には設定のない5段MTを組み合わせた特別仕様車である。

エクステリアでは、「テックハウスグレー」(限定60台)と「クロスオーバーブラック」(同30台)の、2色のダークのボディーカラーを採用したほか、7スポークデザインの16インチアロイホイールも装備する。

インテリアには「Beats Audioプレミアムサウンドシステム」を搭載し、音響にもこだわった仕様となっている。

車名のデチベルとはイタリア語で音圧レベルの単位「デシベル」を意味する言葉で、Twin AirエンジンとBeats Audioがそれぞれ独特のサウンドを奏でることに由来するという。

価格は238万6800円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る