音と走りにこだわった「フィアット500Sデチベル」登場

2017.11.24 自動車ニュース
「フィアット500Sデチベル」
「フィアット500Sデチベル」拡大

FCAジャパンは2017年11月22日、「フィアット500」に特別仕様車「500S Decibel(デチベル)」を設定し、同年12月2日に90台の台数限定で発売すると発表した。

 
音と走りにこだわった「フィアット500Sデチベル」登場の画像拡大
 
音と走りにこだわった「フィアット500Sデチベル」登場の画像拡大
 
音と走りにこだわった「フィアット500Sデチベル」登場の画像拡大

今回の500Sデチベルは、0.9リッター直2ターボのTwin Airエンジンに、標準車には設定のない5段MTを組み合わせた特別仕様車である。

エクステリアでは、「テックハウスグレー」(限定60台)と「クロスオーバーブラック」(同30台)の、2色のダークのボディーカラーを採用したほか、7スポークデザインの16インチアロイホイールも装備する。

インテリアには「Beats Audioプレミアムサウンドシステム」を搭載し、音響にもこだわった仕様となっている。

車名のデチベルとはイタリア語で音圧レベルの単位「デシベル」を意味する言葉で、Twin AirエンジンとBeats Audioがそれぞれ独特のサウンドを奏でることに由来するという。

価格は238万6800円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ! フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
ホームへ戻る