ジャガー、「XFスポーツブレイク」を発表

2017.11.27 自動車ニュース
東京都内で開催された発表会には、ジャガーのブランドアンバサダーであるテニスの錦織 圭選手(右)も登場した。左はジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長。
東京都内で開催された発表会には、ジャガーのブランドアンバサダーであるテニスの錦織 圭選手(右)も登場した。左はジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月27日、ラグジュアリーサルーン「ジャガーXF」のワゴンバリエーション「XFスポーツブレイク」を発表し、同日受注を開始した。

 
ジャガー、「XFスポーツブレイク」を発表の画像拡大
 
ジャガー、「XFスポーツブレイク」を発表の画像拡大
 
ジャガー、「XFスポーツブレイク」を発表の画像拡大
 
ジャガー、「XFスポーツブレイク」を発表の画像拡大

2リッターのディーゼルとガソリンの2本立て

XFスポーツブレイクのコンセプトは「XFサルーンの際立つクーペラインやダイナミズムにさらなるスペースと多用途性を融合した」というもの。ラゲッジスペースの容量は、通常時は565リッターで、リアシートを折りたたむと最大で1700リッターまで拡大できる。

また、リアサスペンションにはセルフレベリング機能付きのエアサスペンションが採用されており、積載物の重さに合わせてリアの車高調整して、シャシーを水平に保つようになっている。全車でパワーテールゲートが標準。オプションでハンズフリー機能を追加することもできる。

その他、室内環境を快適に保つイオン空気清浄機能や、クラス最大級を誇る1.6平方mのパノラミックサンルーフ、天井付近に軽く手を振るだけで開閉が可能なジェスチャー・ルーフブラインドなどがオプション設定される。他のジャガー車で用意されるウォータープルーフ仕様のリストバンド型アクティビティーキーも選択することができる。

グレードと価格は以下のとおり。

  • XFスポーツブレイク プレステージ(2リッター直4ディーゼルターボ):722万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(2リッター直4ガソリンターボ):756万円

(webCG)

関連キーワード:
XFスポーツブレイク, ジャガー, XF, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXFスポーツブレイク プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.8.10 試乗記 伸びやかなルーフラインが美しいステーションワゴン「ジャガーXFスポーツブレイク」に試乗。「Fペース」や「Eペース」といった同門のモデルも含めて、SUVが幅を利かせるいま、あえてワゴンを選ぶ理由はどこにある?
  • ジャガーXFスポーツブレイク プレステージD180(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.27 試乗記 ジャガーにとって久々となるステーションワゴン「XFスポーツブレイク」に、2リッターディーゼルエンジンと4WDを組み合わせた新モデルが登場。流麗な英国製ワゴンとディーゼル四駆の組み合わせやいかに? その出来栄えを確かめた。
  • 第2回:認定中古車ジャガーXFスポーツブレイクの輝き 2019.2.20 ジャガー アプルーブドの魅力を知る<PR> 正規ディーラーならではの品質と保証、そして何よりもリーズナブルな価格が魅力のジャガー認定中古車。国内でも最大級の規模を誇る「ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立」を訪ね、実際に販売車両のクオリティーを確かめてみた。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
ホームへ戻る