【LAショー2017】「レクサスRX」のロングバージョンがデビュー

2017.11.30 自動車ニュース
「レクサスRX350L」(北米仕様)
「レクサスRX350L」(北米仕様)拡大

トヨタ自動車は2017年11月29日(現地時間)、米国ロサンゼルスで開催されている2017ロサンゼルスオートショー(開催期間:2017年11月29日~12月10日)において、「レクサスRX」の3列シート・ロングバージョンを発表した。

 
【LAショー2017】「レクサスRX」のロングバージョンがデビューの画像拡大
 
【LAショー2017】「レクサスRX」のロングバージョンがデビューの画像拡大
写真をクリックすると3列目シートの倒れる様子が見られます。
写真をクリックすると3列目シートの倒れる様子が見られます。拡大

レクサスRXは、グローバルに展開するレクサスブランドの基幹モデルで、1998年のデビュー以来、同セグメントにおいてベストセラーの位置を保ってきた。

今回のRXロングバージョンは、従来モデルのエクステリアの印象はそのままに、全長を110mm拡大して電動格納式のサードシートを採用。3列シートのロングバージョンを実現している。全幅やホイールベースなどの数値は従来モデルと変わらない。

日本向けには、7人乗り仕様のハイブリッド車「RX450hL」が2017年12月に発売となる予定だ。

(webCG)
 

関連キーワード:
RX, レクサス, モーターショー, ロサンゼルスモーターショー2017, 自動車ニュース

レクサス RX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
  • 第20回:レクサスUX(後編) 2019.1.23 カーデザイナー明照寺彰の直言 レクサスのグローバル戦略を担うコンパクトSUV「UX」。そのデザインとパッケージングを観察してみると、どうしても看過できない問題に直面した。プラットフォームを共有する「トヨタC-HR」との比較も通し、現役のカーデザイナーがレクサスUXを語る。
ホームへ戻る