スズキが「アルト ラパン」「ソリオ」「イグニス」に充実装備の特別仕様車

2017.12.07 自動車ニュース
「スズキ・アルト ラパンSセレクション」
「スズキ・アルト ラパンSセレクション」拡大

スズキは2017年12月7日、軽乗用車「アルト ラパン」と小型乗用車「ソリオ」「イグニス」に特別仕様車「Sセレクション」を設定し、販売を開始した。

 
スズキが「アルト ラパン」「ソリオ」「イグニス」に充実装備の特別仕様車の画像拡大
 
スズキが「アルト ラパン」「ソリオ」「イグニス」に充実装備の特別仕様車の画像拡大
 
スズキが「アルト ラパン」「ソリオ」「イグニス」に充実装備の特別仕様車の画像拡大
「ソリオSセレクション」
「ソリオSセレクション」拡大
 
スズキが「アルト ラパン」「ソリオ」「イグニス」に充実装備の特別仕様車の画像拡大
「イグニスSセレクション」
「イグニスSセレクション」拡大

Sセレクションは、充実した装備と、カタログモデルとは異なる内外装を特徴とした特別仕様車である。

各車の概要は以下の通り。

【アルト ラパン】
「S」グレードをベースに、「レーダーブレーキサポート」や誤発進抑制機能、「ナノイー」搭載フルオートエアコンを標準装備したほか、全方位モニター用カメラパッケージをオプションとして設定した。

また、エクステリアにはピラー部分までホワイトとした「2トーンルーフ」や専用メッキフロントグリルを、インテリアにはオレンジ色の専用ドアトリムクロスやビンテージ調の木目柄インストゥルメントパネルなどを採用。シートはキルティング柄とチェック柄の2種類で、ボディーカラーは7種類から選択可能となっている。

価格はFF車が133万3800円、4WD車が143万3160円。

【ソリオ】
純ガソリンエンジンのエントリーグレード「G」をベースに、「デュアルカメラブレーキサポート」や誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、フロントシートSRSサイドエアバッグを搭載。全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプション設定した。

さらに「ナノイー」搭載フルオートエアコンや、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)、後席両側ワンアクションパワースライドドアなども採用。カラーバリエーションは、特別設定の「ブラック2トーンルーフ」仕様の2色を含めた、全7色の設定としている。

価格はFF車が165万4560円、4WD車が178万1920円。

【イグニス】
「ハイブリッドMX」をベースに、「デュアルカメラブレーキサポート」や誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を採用したほか、全方位モニター用カメラパッケージをオプション設定。助手席シートヒーター(FF車)や本革巻きステアリングホイール、LEDヘッドランプなども装備している。ボディーカラーは青色をはじめ全8色で、車体色に合わせて2色の内装色を設定している。

価格はFF車が163万0800円、4WD車が176万4720円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ラパン, イグニス, ソリオ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ラパン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト(前編) 2014.12.22 画像・写真 見どころがてんこ盛り。8代目となる新型「スズキ・アルト」の姿を写真で紹介。
  • スズキ・アルトラパンX(FF/CVT)【レビュー】 2015.7.3 試乗記 新世代プラットフォームの導入を機に、燃費だけでなく走りの質でも注目を集めるようになったスズキの軽自動車シリーズ。そのトレンドは女性をターゲットユーザーとした「アルトラパン」にも当てはまるのか? その走りの実力を試した。
  • トヨタが「ランドクルーザープラド」を一部改良 ディーゼルモデルの最高出力を204PSに向上 2020.8.3 自動車ニュース トヨタが「ランドクルーザープラド」を一部改良。2.8リッターディーゼルエンジンの最高出力を204PSに向上させたほか、「Toyota Safety Sense」の機能強化を図った。同時に特別仕様車「TX“Lパッケージ ブラックエディション”」も発売した。
ホームへ戻る