「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場

2017.12.14 自動車ニュース
「ホンダ・フリード モデューロX Honda SENSING」
「ホンダ・フリード モデューロX Honda SENSING」拡大

本田技研工業は2017年12月14日、コンパクトミニバン「ホンダ・フリード」をベースとしたコンプリートカー「フリードModulo X(モデューロX)」を、同年12月15日に発売すると発表した。

 
「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場の画像拡大
 
「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場の画像拡大
 
「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場の画像拡大
 
「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場の画像拡大
 
「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場の画像拡大
 
「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場の画像拡大
 
「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場の画像拡大
 
「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場の画像拡大
 
「ホンダ・フリード」に走りを高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場の画像拡大

運動性能を高めた純正コンプリートカーの第4弾

「モデューロX」は、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスのカスタマイズパーツを、生産過程で装着して販売するコンプリートカーである。

今回のフリードはその第4弾のモデルにあたり、「エモーショナル ツアラー」をコンセプトに各部をチューニング。専用のアルミホイールやサスペンション、空力パーツの装着により、「意のままに操れる操縦性」と「上質かつしなやかな乗り味」が追求されている。

特に足まわりについては、ホイールの各部剛性の最適化やサスペンションのストローク感の改善、4輪の接地性向上などにより、フラットなライドフィールや高い車両応答性と走行安定性、外乱に対する柔軟性、ハーシュネスの素早い収束などを追求。空力パーツについても、フロントバンパー下部のエアロガイドフィンやディフューザー形状のリアロアスカートなどが4輪の接地バランスを最適化し、高速走行時や横風を受けた際の直進安定性に寄与するという。

デザイン面でも標準車との差別化を図っており、フロントまわりに専用のエアロバンパーやグリルを採用することで押し出し感を強調。インテリアでは、ピアノブラック調の装飾パネルやモカブラウンのシート表皮を用いることで上質感を追求している。

フリード モデューロXの主要装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントエアロバンパー
  • 専用サスペンション
  • 専用15インチアルミホイール
  • 専用LEDフォグライト
  • 専用フロントビームライト
  • 専用ドアミラー(プレミアムスパークルブラック・パール)
  • 専用リアロアスカート
  • 専用リアエンブレム(Modulo X)
  • 専用サイドロアスカート
  • テールゲートスポイラー

【インテリア】

  • インパネミドルエリア(ピアノブラック調)
  • 専用本革巻きステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
  • 専用ブラック&モカコンビシート(プライムスムース×ファブリック/「Modulo X」ロゴ入り)
  • 専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/「Modulo X」アルミ製エンブレム付き)
  • ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ)

このほかにも、ナビゲーションシステム装着車には専用オープニング画面が設定された9インチプレミアムインターナビや、ドライブレコーダー、USBジャックなども装備される。

ボディーカラーは「ホワイトオーキッド・パール」「プレミアムスパークルブラック・パール」「コバルトブルー・パール」の全3色。価格は以下の通り。

  • モデューロX Honda SENSING(6人乗り):283万0680円
  • モデューロX Honda SENSING(7人乗り):285万2280円
  • ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り):313万0920円
  • ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(7人乗り):315万2520円

(webCG)

◆「ホンダ・フリード モデューロX」のフォトギャラリーはこちら
 

関連キーワード:
フリード, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フリード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る