新型「メルセデス・ベンツGクラス」の内装デザインが明らかに

2017.12.14 自動車ニュース
新型「メルセデス・ベンツGクラス」のコックピット周辺部。
新型「メルセデス・ベンツGクラス」のコックピット周辺部。拡大

独ダイムラーは2017年12月13日(現地時間)、次期「メルセデス・ベンツGクラス」について、インテリアの情報を開示するとともにイメージを公開した。

 
新型「メルセデス・ベンツGクラス」の内装デザインが明らかにの画像拡大
 
新型「メルセデス・ベンツGクラス」の内装デザインが明らかにの画像拡大
 
新型「メルセデス・ベンツGクラス」の内装デザインが明らかにの画像拡大
 
新型「メルセデス・ベンツGクラス」の内装デザインが明らかにの画像拡大

Gクラスは、1979年に誕生して以来、40年近くにわたって生産されてきた本格オフローダーである。

その新型は、2018年の北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー、開催期間:2018年1月14日~28日)において世界初公開される。

同社によれば、新型Gクラスは走行性能だけでなく、リアにスペアタイヤを装着するスタイルや金属的なドアの閉まり音に至るまで、現行モデルの特徴的なディテールが受け継がれているという。

今回公開されたインテリアについては、ほかの最新型メルセデス・ベンツ車と同様の先進装備を付与。ダッシュボードには12.3インチの大型液晶を2つ連結させたメーターパネルが与えられ、ステアリングホイールには、「Eクラス」や「Sクラス」にも採用されたタッチ式のステアリングスイッチが備わる。

室内空間も改善が図られており、レッグルームは前席で38mm、後席で150mm拡大。乗員の肩まわりの幅も、フロントは38mm、リアは27mm、それぞれ広くなっている。

グレードにより、上質な素材を用いたトリムや高級オーディオシステムが用意される点は、従来と同じ。小物の携行に便利なアームレスト部の収納や、1リッターのペットボトルが入るリアドアのポケットなど、細部のユーティリティーも見どころとされている。

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.14 試乗記 誕生からおよそ40年を経て初のフルモデルチェンジを迎えた、メルセデスのヘビーデューディーSUV「Gクラス」。見た目はかつてのままのようだが、その乗り味は……? “変わったところ”と“変わらぬところ”を、「G550」に試乗して確かめた。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
ホームへ戻る