【東京オートサロン2018】ホンダは新型「CR-V」のカスタマイズモデルなどを出展

2017.12.22 自動車ニュース
「CR-Vカスタムコンセプト」
「CR-Vカスタムコンセプト」拡大

本田技研工業は2017年12月22日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2018」(開催期間:2018年1月12日~14日)への出展概要を発表した。

「ジェイドRSカスタムコンセプト」
「ジェイドRSカスタムコンセプト」拡大
「ステップワゴン モデューロXコンセプト」
「ステップワゴン モデューロXコンセプト」拡大
「S660モデューロXコンセプト」
「S660モデューロXコンセプト」拡大
「N-ONE RS」(用品装着車)
「N-ONE RS」(用品装着車)拡大
「フリード モデューロX」
「フリード モデューロX」拡大
「ダラーラDW12」
「ダラーラDW12」拡大
「NSX GT3」
「NSX GT3」拡大
「シビックTCR」
「シビックTCR」拡大

四輪車では、東京モーターショー2017で先行公開した2018年発表予定の「CR-V」や、2018年春にマイナーチェンジを予定している「ジェイドRS」をベースにしたコンセプトモデルに加えて、コンプリートカーブランド「モデューロX」シリーズとして発売した「フリード モデューロX」や、マイナーチェンジモデルの「N-ONE RS」なども展示する。

モータースポーツ競技車両では、第101回インディアナポリス500(インディ500)で佐藤琢磨選手(アンドレッティ・オートスポーツ)が日本人初の優勝を遂げたマシンである「ダラーラDW12」や、2017年7月に発売した「NSX GT3」、2017年ロードレース世界選手権MotoGPクラス出場車の「RC213V」などを展示する。

ホンダの出展車両は以下の通り。

【四輪車】
<コンセプトモデル>

  • CR-Vカスタムコンセプト
  • ジェイドRSカスタムコンセプト
  • ステップワゴン モデューロXコンセプト
  • S660モデューロXコンセプト
  • MUGEN RC20Tシビック タイプRコンセプト

<市販予定車>

  • ジェイドRS

<参考出展車>

  • MUGENシビックハッチバック プロトタイプ(無限用品装着車)

<市販車>

  • NSX
  • シビック タイプR
  • N-ONE RS(用品装着車)
  • フリード モデューロX

<競技車両>

  • ダラーラDW12(Andretti Autosport 佐藤琢磨選手 第101回インディ500優勝マシン)
  • NSX GT3
  • シビックTCR
  • TEAM MUGEN SF14 15号車、16号車(全日本スーパーフォーミュラ選手権)
  • MOTUL MUGEN NSX-GT 16号車、KEIHIN NSX GT 17号車(SUPER GT GT500クラス)

【二輪車】
<競技車両>

  • RC213V(FIMロードレース世界選手権MotoGPクラス)
  • CBR1000RR SP2(MFJ全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス)
  • CRF450RW(MFJ全日本モトクロス選手権 IA1クラス)
  • RTL300R(MFJ全日本トライアル選手権 IASクラス)
  • 無限 神電 四<しんでん よん>(マン島TT Zero Challengeクラス)

(webCG)

関連キーワード:
CR-V, ホンダ, モーターショー, 東京オートサロン2018, 自動車ニュース

ホンダ CR-V の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダが国内に導入する新型「アコード」の概要発表 ハイブリッドのモノグレードで展開 2020.1.23 自動車ニュース 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月に国内での販売を予定している「アコード」の概要を発表した。10代目となる新型は、4ドアクーペを思わせるスタイリングが特徴。新プラットフォームの採用によりユーティリティー性も向上している。
ホームへ戻る