クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

サービスエリアの進化が止まらない!
メニューコンテストに見る“SAグルメ”最前線

2018.01.08 デイリーコラム

腕利き料理人の本気のメニューを楽しめる

筆者には毎年、年末に楽しみな取材がある。それがサービスエリア(SA)の料理コンテストだ。

公団時代のSAの料理といえば、「どこでも同じ味を」を合言葉に厳密にレシピが決められ、さらに定期的に味のチェックまで行われていた。どこに行っても同じメニューで同じ味。旅情もなにもあったものではなく、販売ランキングのトップは不動の「とん汁定食」だった。しかし、高速道路の民営化により方針は一転。「それぞれの店で独自の料理を提供する」ことが許され、毎年のように新メニューによる料理コンテストが開催されるようになったのだ。

当然のことながら、供されるメニューも以前とは雲泥の差だ。今日におけるSAの経営は、ホテルなどを擁する地元の観光企業が担っていることが多く、そのためSAのレストランにも、ホテルなどで腕を磨いた料理人がいたりする。いつもは“影の存在”であるそうした料理人たちにとって、料理コンテストは自分の腕を証明するチャンス。メディアに注目されるということもあり、毎回、非常に気合の入ったメニューが用意される。取材する側としては、そうしたプロの本気の姿を見るのも楽しいし、試食と称してご相伴にあずかれるのもうれしいご褒美なのだ。

今回取材したのは、都内の料理学校で開催されたNEXCO中日本エリアの「第10回メニューコンテスト」である。

NEXCO中日本エリアを対象に行われた「第10回メニューコンテスト」の決勝の様子。
NEXCO中日本エリアを対象に行われた「第10回メニューコンテスト」の決勝の様子。拡大
サービスエリアのレストランには、地元のホテルなどで腕を磨いた料理人がいることも少なくない。写真は今回の大会で審査員特別賞を受賞した、多賀SA(上り)の「まごわやさしい 牛味噌茶漬け御膳」。
サービスエリアのレストランには、地元のホテルなどで腕を磨いた料理人がいることも少なくない。写真は今回の大会で審査員特別賞を受賞した、多賀SA(上り)の「まごわやさしい 牛味噌茶漬け御膳」。拡大
同じく審査員特別賞を受賞した、養老SA(上り)の「美濃三昧の集い」。
同じく審査員特別賞を受賞した、養老SA(上り)の「美濃三昧の集い」。拡大

不動の王者はあえてのカレーで勝負!

今回、事前の予選会には33カ所のSAが参加。そこから決勝に進出した11カ所のSAは、以下の通りである。

  • 有磯海SA(下り/北陸自動車道)
  • 有磯海SA(上り/北陸自動車道)
  • 尼御前SA(上り/北陸自動車道)
  • NEOPASA駿河湾沼津(上り/新東名高速道路)
  • 上郷SA(上り/東名高速道路)
  • EXPASA足柄(上り/東名高速道路)
  • 談合坂SA(上り/中央自動車道)
  • EXPASA多賀(下り/名神高速道路)
  • 多賀SA(上り/名神高速道路)
  • 養老SA(上り/名神高速道路)
  • 梓川SA(下り/長野自動車道)

これらの中でも、特に注目なのが有磯海SA(下り)である。2016年の覇者というだけでなく、ここ4大会を連続で制覇。通算で5度にわたり最優秀賞を獲得している強豪中の強豪で、果たして今年も連覇なるか? というのが筆者の気になるところだった。ちなみに、有磯海SA(下り)の料理担当者は38歳の副調理長・麻生貴司さん。若手で勝負しているというのも、有磯海SA(下り)の特徴だろう。

そんな有磯海SA(下り)が持ち込んだメニューが「越中とやまのやくぜんカレー“豊かな大地 みな穂の恵み”」(2000円)である。名称の通り、そのメニューはカレーがメイン。審査の後の関係者試食タイムに筆者もいただいたが、地元富山の食材をふんだんに使ったカレーは驚くほど甘くて優しい味であり、さすがの力量を感じさせるものだった。しかし同時に、これはかなりの挑戦だとも思えた。というのも、過去の受賞メニューを振り返ると、何か一品が強い個性を放つものより、繊細でアラカルトが楽しめる、コース的なメニューの方が選ばれやすい傾向にあったからだ。そこを有磯海SA(下り)の料理人に尋ねてみれば「それもあわせて挑戦です」と力強い答え。過去の傾向も知った上での挑戦というから恐れ入った。

コンテストの決勝にて、調理を行うEXPASA多賀(下り)のキッチンの様子。
コンテストの決勝にて、調理を行うEXPASA多賀(下り)のキッチンの様子。拡大
5度にわたり最優秀賞を受賞してきた強豪、有磯海SA(下り)の料理担当者を務める麻生貴司さん。
5度にわたり最優秀賞を受賞してきた強豪、有磯海SA(下り)の料理担当者を務める麻生貴司さん。拡大
有磯海SA(下り)の「越中とやまのやくぜんカレー“豊かな大地 みな穂の恵み”」。
有磯海SA(下り)の「越中とやまのやくぜんカレー“豊かな大地 みな穂の恵み”」。拡大
サービスエリアのメニューコンテストでは、さまざまな味が楽しめるコース料理的なメニューが賞に選ばれる傾向にある。写真はEXPASA多賀(下り)の「近江牛味ごのみ膳」。
サービスエリアのメニューコンテストでは、さまざまな味が楽しめるコース料理的なメニューが賞に選ばれる傾向にある。写真はEXPASA多賀(下り)の「近江牛味ごのみ膳」。拡大

決勝に残ったSAのレストランは要チェック

そして結果はといえば――余談だが、今回は相当に審査が難航したようで、結果発表が予定時刻から20分もおした――尼御前SA(上り)の「食べまっし 加賀彩々膳」(1980円)が最優秀賞に選ばれた。同SAにとって、初の快挙である。

「食べまっし 加賀彩々膳」は、地元石川の魚介や肉、野菜などをふんだんに使った豪勢な懐石料理。「4回目からずっと参加しており、今回も何を作っていいのか分からずに苦労しました」と語った料理長の福井敏裕さんは、表彰後の会見では感動を隠し切れない様子だった。

一方、注目の有磯海SA(下り)は、4品が選ばれる審査員特別賞に。大賞は逃したものの、次席をきっちり押さえるあたりはさすがの実力といえるだろう。他の審査委員特別賞は、EXPASA多賀(下り)の「近江牛 味ごのみ膳」(1780円)。多賀SA(上り)の「まごわやさしい 牛味噌茶漬け御膳」(1980円)。そして養老SA(上り)の「美濃三昧の集い」(1980円)となった。

この大会、賞レースとしても見ごたえがあるし、もちろん決勝に出たSAの名前を覚えておくだけでも、ドライブの役に立つ。腕自慢の料理人がいるSAならば、他の料理も期待が持てるというものだ。高速道路でおいしい食事を求めるのならば、ぜひこれらのSAのレストランを訪ねてみよう。

(文と写真=鈴木ケンイチ/編集=堀田剛資)
 

各SAの料理担当者から、メニューの説明を受ける審査員たち。
各SAの料理担当者から、メニューの説明を受ける審査員たち。拡大
最優秀賞を獲得した尼御前SA(上り)のスタッフ。中央に立つのが料理長の福井敏裕さん。
最優秀賞を獲得した尼御前SA(上り)のスタッフ。中央に立つのが料理長の福井敏裕さん。拡大
最優秀賞にかがやいた尼御前SA(上り)の「食べまっし 加賀彩々膳」。
最優秀賞にかがやいた尼御前SA(上り)の「食べまっし 加賀彩々膳」。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。