三菱自動車、“ナイトショールーム”をオープン

2018.01.09 自動車ニュース
発表会で登壇した三菱自動車の服部俊彦専務執行役員(右)。会場にはプロフィギュアスケーターの髙橋大輔さん(左)が駆けつけた。
発表会で登壇した三菱自動車の服部俊彦専務執行役員(右)。会場にはプロフィギュアスケーターの髙橋大輔さん(左)が駆けつけた。拡大

三菱自動車は2018年1月9日、自宅にいながらインターネット上で新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」のショールーム体験ができる「NIGHT SHOWROOM(ナイトショールーム)」を開催すると発表した。開催期間は2018年1月9日から2月4日まで。

発表会では、髙橋大輔さんが自宅でくつろぎながらPC経由で「エクリプス クロス」を見るという、ナイトショールームの寸劇が行われた。リラックスした服装であるのはそのため。
発表会では、髙橋大輔さんが自宅でくつろぎながらPC経由で「エクリプス クロス」を見るという、ナイトショールームの寸劇が行われた。リラックスした服装であるのはそのため。拡大
ナイトショールームの会場実演風景。プレゼンターはWeb経由で来た客からの要望に応えながら「エクリプス クロス」を見せていく。
ナイトショールームの会場実演風景。プレゼンターはWeb経由で来た客からの要望に応えながら「エクリプス クロス」を見せていく。拡大
ナイトショールームのメインプレゼンターを務めるラジオパーソナリティーの藤本えみりさん。FMヨコハマ『The Motor Weekly』のメインMCなどを担当している。
ナイトショールームのメインプレゼンターを務めるラジオパーソナリティーの藤本えみりさん。FMヨコハマ『The Motor Weekly』のメインMCなどを担当している。拡大
2018年3月発売予定の「エクリプス クロス」。予約受付は2017年12月22日に始まっている。
2018年3月発売予定の「エクリプス クロス」。予約受付は2017年12月22日に始まっている。拡大

夜に家でくつろぎながらショールーム体験

ナイトショールームは、エクリプス クロスの発売前に、客がPCなどを用いてインターネット上で同車を見ながら、ライブでプレゼンターや開発者に質問ができるというもの。生中継は東京都港区芝にある三菱の本社ショールームから、同ショールーム閉店後の午後8時から午後11時までの夜の時間帯に行われる。

ライブコマースを意識したこのようなWeb施策を導入するのは、三菱自動車にとって今回が初。EC(電子商取引)が広がりを見せる中、自動車ディーラーへの客の来店傾向が変わってきていることが背景にある。

「数年前までは、車の購入を検討する際、お客さまはディーラーを4、5社訪問されていた。しかし最近はインターネットの普及により、来店前にじっくりWebで比較検討し、ほぼ車種も絞りこんでから、1、2社のディーラーしか訪問されない」(三菱自動車の服部俊彦専務)。

さらに、「Webサイトを充実させてほしい」とか「ショールームに行く時間がない」といった客の声や、“家ナカ需要”やライブコマース需要の高まりなどの消費者動向を受け、「夜に家でくつろぎながらショールーム体験」というコンセプトで、同施策を始めるという。

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.5.10 試乗記 三菱の新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に試乗。クーペスタイルの見た目から“オシャレ系SUV”と判断しがちだけれど、だまされてはいけない! 「ランエボ」由来の4WDシステムや高いボディー剛性を備えた、実に真面目なクルマに仕上がっているのだ。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • 「DS 3」にカフェレーサースタイルの特別仕様車が登場 2018.10.3 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンが「DS 3」に特別仕様車「カフェレーサー」を設定。1960年代のモーターサイクルカルチャーである“カフェレーサー”をモチーフにしたスタイルが特徴で、内外装の各所にクラシカルなグラフィックがあしらわれている。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
ホームへ戻る