【東京オートサロン2018】ホンダ、F1王者を迎えSUPER GT制覇に意欲

2018.01.12 自動車ニュース
2018年のSUPER GT GT500クラスに参戦する、ホンダ系チームの監督とドライバーほか。
2018年のSUPER GT GT500クラスに参戦する、ホンダ系チームの監督とドライバーほか。拡大

本田技研工業は2018年1月12日、「東京オートサロン2018」の会場において、2018年シーズンのSUPER GTへの参戦体制を発表した。

メインステージに展示された「NSX GT3」。モデューロ・ドラゴ・コルセがこのマシンで2018年シーズンのGT300クラスに参戦することを発表している。
メインステージに展示された「NSX GT3」。モデューロ・ドラゴ・コルセがこのマシンで2018年シーズンのGT300クラスに参戦することを発表している。拡大
山本雅史 モータースポーツ部部長(写真)は、厳しい表情で2018年シーズンへの意気込みを語った。
山本雅史 モータースポーツ部部長(写真)は、厳しい表情で2018年シーズンへの意気込みを語った。拡大
2018年のSUPER GTには、元F1王者のジェンソン・バトン(写真中央)がフル参戦。その戦いぶりが注目される。
2018年のSUPER GTには、元F1王者のジェンソン・バトン(写真中央)がフル参戦。その戦いぶりが注目される。拡大
会場では、MotoGP優勝マシン「RC213V」(写真左)と、インディ500を制した「ダラーラDW12」がそろい踏み。
会場では、MotoGP優勝マシン「RC213V」(写真左)と、インディ500を制した「ダラーラDW12」がそろい踏み。拡大

バトンがチーム・クニミツから参戦

オートサロンのホンダブースにおけるプレスカンファレンスは、出展車両を紹介するかと思いきや、モータースポーツ、中でもSUPER GT(GT500クラス)の参戦体制を発表する場となった。

チームの紹介にあたったのは、同社のモータースポーツ部部長を務める山本雅史氏。「二輪のレースは非常に充実したシーズンとなったものの、四輪での成績は満足いくものとは言えなかった」などと2017年シーズンを振り返りつつ、「今年はマシンをより熟成させ、タイトルの奪還を誓い全力で戦っていく」と抱負を述べた。

2018年のSUPER GT GT500クラスにエントリーする“ホンダ系チーム”は、以下の5つ。(カッコ内はドライバー名)

  • オートバックス・レーシング・チーム・アグリ<ARTA>(野尻智紀/伊沢拓也)
  • チーム・ムゲン(武藤英紀/中嶋大祐)
  • ケーヒン・リアル・レーシング(塚越広大/小暮卓史)
  • エプソン・ナカジマ・レーシング(ベルトラン・バゲット/松浦孝亮)
  • チーム・クニミツ(山本尚貴/ジェンソン・バトン)

特に注目されるのは、チーム・クニミツのジェンソン・バトン。F1の元チャンピオンがSUPER GTにエントリーするのは初のことだ。彼の参戦に関連して、昨年同チームから出走した伊沢拓也はARTAに移籍。ARTAに在籍していた小林崇志は、今年はGT500クラスのシートを失う形となった。そのほかのメンバーについては、2017年と変わらない。

当日はバトンを含め、チーム監督とドライバーは全員が姿を見せたものの、個々人のコメントは一切なかった。春に開幕するレースでどんな走りをみせるのか、期待が高まる。

「シビック タイプR」ベースのレーシングカー「シビックTCR」。2リッター直4ターボエンジンは、350bhpの最高出力を発生する。
「シビック タイプR」ベースのレーシングカー「シビックTCR」。2リッター直4ターボエンジンは、350bhpの最高出力を発生する。拡大
「MUGEN RC20GTシビック タイプRコンセプト」と名付けられたコンセプトモデル。ボディーパネルの多くにカーボンが使われている。
「MUGEN RC20GTシビック タイプRコンセプト」と名付けられたコンセプトモデル。ボディーパネルの多くにカーボンが使われている。拡大
こちらは、巨大なスクリーンを前にマン島TTを疑似体験できるコーナー。ホンダのブースは、モータースポーツに対して親しみを持たせるような展示が目立った。
こちらは、巨大なスクリーンを前にマン島TTを疑似体験できるコーナー。ホンダのブースは、モータースポーツに対して親しみを持たせるような展示が目立った。拡大
「ジェイドRSカスタムコンセプト」。車体のローダウンやリアのルーフスポイラーが特徴となっている。
「ジェイドRSカスタムコンセプト」。車体のローダウンやリアのルーフスポイラーが特徴となっている。拡大

個性派「シビック タイプR」も見どころ

そんなホンダブースには、多くのレーシングカーやカスタマイズカーが展示された。

ステージ上には、2018年のSUPER GT GT300クラスを戦う「NSX GT3」のほか、佐藤琢磨がステアリングを握り2017年のインディ500を制したマシン「ダラーラDW12」の姿も。スーパーフォーミュラのマシンや、伝統の二輪レースであるマン島TTに出走した電動レーシングバイク「無限 神電 四」は、来場者がドライバー/ライダーの気分を味わえる体験型の展示として並べられた。

そのほか、会場で目を引いたのは、新型「シビック タイプR」をベースとしたモデル。具体的には、世界ツーリングカーカップ(WTCR)への参戦が予定されている「シビックTCR」や、シビック タイプRの性能やデザインを極限までリファインしたとされる「MUGEN RC20GTシビック タイプRコンセプト」が、多くの人を集めていた。さらに、オレンジ色に塗られた6シーター「ジェイドRSカスタムコンセプト」や、鮮やかなトリコロールの“レプソルカラー”をまとう「スーパーカブ」なども、会場に彩りを添えた。

(webCG 関)
 

関連キーワード:
東京オートサロン2018, モータースポーツ, ホンダ, SUPER GT 2018, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事