ピアノの鍵盤がモチーフ、「アウディA1スポーツバック」の限定車発売

2018.01.25 自動車ニュース
「アウディA1スポーツバック ピアニッシモエディション」
「アウディA1スポーツバック ピアニッシモエディション」拡大

アウディ ジャパンは2018年1月25日、「A1スポーツバック」に特別仕様車「pianissimo edition(ピアニッシモエディション)」を設定し、同年2月2日に125台の台数限定で発売すると発表した。

 
ピアノの鍵盤がモチーフ、「アウディA1スポーツバック」の限定車発売の画像拡大
 
ピアノの鍵盤がモチーフ、「アウディA1スポーツバック」の限定車発売の画像拡大

今回のピアニッシモエディションは、95psと160Nmを発生する1リッターターボエンジンを搭載する、「A1スポーツバック1.0 TFSI」をベースとしている。車名のピアニッシモはイタリア語で「とてもソフト」という意味を持ち、音楽用語としても用いられる。内外装はピアノの鍵盤をモチーフとして、白と黒をベースにコーディネートされる。

エクステリアは「グレイシアホワイト」のボディーカラーに、「ブリリアントブラック」のルーフが組み合わされる。

一方、インテリアはブラックを基調に、エアコン吹き出し口にグレイシアホワイトのスリーブを採用。また、インパネやドアシルトリムにはアルミ調素材のアクセントを加えている。

さらに、ベースモデルではオプション扱いの、MMI 3G+ナビゲーションシステムやバイキセノンパッケージなどで構成される「ナビキセノンプラスパッケージ」や、アドバンストキーやアウディパーキングシステム、シートヒーターなどからなる「コンビニエンスパッケージ」も標準装備としている。

価格は330万円。

(webCG)

関連キーワード:
A1スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A1スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディがよりスポーティーに進化した新型「A3スポーツバック」を発表 2020.3.4 自動車ニュース 独アウディは2020年3月3日、新型「A3スポーツバック」を発表した。前後のホイールアーチを強調する、よりスポーティーなデザインが特徴で、欧州では同年3月に発売、5月に納車が開始されるという。価格は「1.5 TFSI」で2万8900ユーロ(約350万円)から。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
ホームへ戻る