ピアノの鍵盤がモチーフ、「アウディA1スポーツバック」の限定車発売

2018.01.25 自動車ニュース
「アウディA1スポーツバック ピアニッシモエディション」
「アウディA1スポーツバック ピアニッシモエディション」拡大

アウディ ジャパンは2018年1月25日、「A1スポーツバック」に特別仕様車「pianissimo edition(ピアニッシモエディション)」を設定し、同年2月2日に125台の台数限定で発売すると発表した。

 
ピアノの鍵盤がモチーフ、「アウディA1スポーツバック」の限定車発売の画像拡大
 
ピアノの鍵盤がモチーフ、「アウディA1スポーツバック」の限定車発売の画像拡大

今回のピアニッシモエディションは、95psと160Nmを発生する1リッターターボエンジンを搭載する、「A1スポーツバック1.0 TFSI」をベースとしている。車名のピアニッシモはイタリア語で「とてもソフト」という意味を持ち、音楽用語としても用いられる。内外装はピアノの鍵盤をモチーフとして、白と黒をベースにコーディネートされる。

エクステリアは「グレイシアホワイト」のボディーカラーに、「ブリリアントブラック」のルーフが組み合わされる。

一方、インテリアはブラックを基調に、エアコン吹き出し口にグレイシアホワイトのスリーブを採用。また、インパネやドアシルトリムにはアルミ調素材のアクセントを加えている。

さらに、ベースモデルではオプション扱いの、MMI 3G+ナビゲーションシステムやバイキセノンパッケージなどで構成される「ナビキセノンプラスパッケージ」や、アドバンストキーやアウディパーキングシステム、シートヒーターなどからなる「コンビニエンスパッケージ」も標準装備としている。

価格は330万円。

(webCG)

関連キーワード:
A1スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A1スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • アウディA1 1.0 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.20 試乗記 その出来栄えはクラス最良? アウディのBセグメントコンパクトモデル「A1」に、マイナーチェンジとともに1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレード「1.0 TFSI」が登場。アウディ初の3気筒エンジンの実力を試した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
ホームへ戻る