カワサキ渾身の新型「Z」
その価値はどこにある?

2018.02.02 デイリーコラム

ライダーの期待に応えるバイク

「Z900RS」が発売されて2カ月になろうとしている。市場での人気は相変わらず。バックオーダーを抱えていてしばらくは入手できないほどだ。デビュー前の人気の時は誰も乗っていなかったわけだから、単に「カワサキから『Z1』をオマージュした4気筒が登場する」というブランドに対しての憧れ的な意味合いが強かった。

けれど今は違う。人々はZ900RSの情報に耳を澄まし、試乗した人たちの声を聞いたり、実際に試乗して購入を決めたりしているのである。つまり「やっぱり期待していた通りだった」もしくは「予想以上に良さそうだ」と考えた人たちがバックオーダーの列に加わったのだ。何がそんなに魅力的なのだろうか?

カワサキの4気筒Zに対して、ライダーのイメージは出来上がっている。スロットルを開けた瞬間の迫力ある吹け上がりや、低回転からの力強いトルクによる加速だ。最近の旧車ばやりを見ていても分かるように絶対的なパワーやハンドリングよりも普段の乗りやすさ(整備されたZや「ホンダCB」、「スズキGS」は非常に乗りやすいのだ)やエンジンのテイストを重視しているのだ。

「楽しいバイクに乗りたい」「現行車はどうも味がない」「でも外車はちょっと抵抗がある」というライダーは少なくなかったはずだ。そしてそういう人たちを、Z900RSは根こそぎ持っていってしまったのである。

Z900RSのうわさを聞いて、なんとなく興味を引かれていた人たちを一気に購入に走らせたものはカワサキが初めて実施したサウンドチューニングだと考えている。初めてZ900RSにまたがったライダーがワクワクしながらエンジンを始動した瞬間、往年の4気筒エンジンをほうふつさせる排気音に包まれる。スロットルを開ければ周囲の空気をビリビリ震わせるような迫力の吹け上がり。この感動というものはすごい。「このバイクを買おう!」と決意させるには十分なものがある。実際僕も過去そういう感じでバイクを購入することが多かった。

カワサキのネイキッドバイク新型「Z900RS」に試乗する筆者。Z900RSのご先祖にあたる「Z1」のオーナーでもある。
カワサキのネイキッドバイク新型「Z900RS」に試乗する筆者。Z900RSのご先祖にあたる「Z1」のオーナーでもある。拡大
「カワサキZ900RS」が国内で発売されたのは、2017年12月1日。価格は、キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ(写真)が132万8400円で、メタリックスパークブラックが129万6000円。
「カワサキZ900RS」が国内で発売されたのは、2017年12月1日。価格は、キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ(写真)が132万8400円で、メタリックスパークブラックが129万6000円。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • カワサキZ900RSカフェ(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.7 試乗記 2017年末にデビューするや、往年の名車「カワサキZ1」を思わせる姿でベテランライダーのハートをわしづかみにした「Z900RS」。今回は、一段とスポーティーなたたずまいを見せる、その“カフェレーサー仕様”に試乗した。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る