モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売

2018.02.01 自動車ニュース
「ベントレー・フライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナー」
「ベントレー・フライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナー」拡大

ベントレー モーターズ ジャパンは2018年2月1日、スポーティーサルーン「フライングスパーV8 S」に特別仕様車「ストラトゥスエディションbyマリナー」を設定し、20台の台数限定で発売した。

 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大

ストラトゥスとは層雲を意味する言葉で、今回のフライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナーにはその名の通り、「オニキス」(ブラック)と「グレイシアホワイト」の、層雲を想起させる2色のボディーカラーが設定される。

このほかエクステリアには、21インチのダークティント仕上げのアルミホイールやレッドのブレーキキャリパーが装備されるほか、ボディーサイドにはマリナーのファインラインとダークティントのユニオンジャックバッジが添えられる。

インテリアは「ベルーガ」(ブラック)と「ポーポイズ」(グレー)の2色を基本に、ボディーカラーがオニキスの場合は「アズールパープル」の、グレイシアホワイトの場合は「リネン」(グレーホワイト)のアクセントがそれぞれ加えられる。また、インストゥルメントパネルにはチタンエンリッチカーボンファイバー製パネルが採用されるほか、ステアリングホイールの0時の位置にはストライプ装飾が施される。

価格は2350万円で、2018年第1四半期のデリバリーを予定している。

(webCG)

「ベントレー・フライングスパーV8 Sストラトゥスエディションbyマリナー」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
フライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー フライングスパー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • ベントレー・ベンテイガ 2020.7.1 画像・写真 2015年9月にデビューしてからおよそ5年。リニューアルにより最新世代の「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に共通する内外装デザインが与えられたラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」が登場。その姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.6.15 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジ。クリーンディーゼルエンジンを搭載する最新型はどんなクルマに仕上がっているのか、3列シートの使い勝手を含めリポートする。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
ホームへ戻る