モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売

2018.02.01 自動車ニュース
「ベントレー・フライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナー」
「ベントレー・フライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナー」拡大

ベントレー モーターズ ジャパンは2018年2月1日、スポーティーサルーン「フライングスパーV8 S」に特別仕様車「ストラトゥスエディションbyマリナー」を設定し、20台の台数限定で発売した。

 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大

ストラトゥスとは層雲を意味する言葉で、今回のフライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナーにはその名の通り、「オニキス」(ブラック)と「グレイシアホワイト」の、層雲を想起させる2色のボディーカラーが設定される。

このほかエクステリアには、21インチのダークティント仕上げのアルミホイールやレッドのブレーキキャリパーが装備されるほか、ボディーサイドにはマリナーのファインラインとダークティントのユニオンジャックバッジが添えられる。

インテリアは「ベルーガ」(ブラック)と「ポーポイズ」(グレー)の2色を基本に、ボディーカラーがオニキスの場合は「アズールパープル」の、グレイシアホワイトの場合は「リネン」(グレーホワイト)のアクセントがそれぞれ加えられる。また、インストゥルメントパネルにはチタンエンリッチカーボンファイバー製パネルが採用されるほか、ステアリングホイールの0時の位置にはストライプ装飾が施される。

価格は2350万円で、2018年第1四半期のデリバリーを予定している。

(webCG)

「ベントレー・フライングスパーV8 Sストラトゥスエディションbyマリナー」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
フライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー フライングスパー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
  • 「スカイアクティブX」は搭載しないんですか? 「マツダMX-30」の開発陣に話を聞いた 2020.10.16 デイリーコラム これまでのマツダ車とは異なる価値観のもと、特別な「MX」の名を冠された「MX-30」。開発にあたっての苦労話やクルマのディテールに秘められた思いなどを開発主査の竹内都美子氏とチーフデザイナーの松田陽一氏に聞いてみた。
  • マツダMX-30 2020.10.8 画像・写真 マツダの新世代商品群第3弾となる「MX-30」がいよいよ発売された。特徴的なセンターオープン式の「フリースタイルドア」を備えた新たなクロスオーバーSUVの姿を写真で詳しく紹介する。
ホームへ戻る