モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売

2018.02.01 自動車ニュース
「ベントレー・フライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナー」
「ベントレー・フライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナー」拡大

ベントレー モーターズ ジャパンは2018年2月1日、スポーティーサルーン「フライングスパーV8 S」に特別仕様車「ストラトゥスエディションbyマリナー」を設定し、20台の台数限定で発売した。

 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大

ストラトゥスとは層雲を意味する言葉で、今回のフライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナーにはその名の通り、「オニキス」(ブラック)と「グレイシアホワイト」の、層雲を想起させる2色のボディーカラーが設定される。

このほかエクステリアには、21インチのダークティント仕上げのアルミホイールやレッドのブレーキキャリパーが装備されるほか、ボディーサイドにはマリナーのファインラインとダークティントのユニオンジャックバッジが添えられる。

インテリアは「ベルーガ」(ブラック)と「ポーポイズ」(グレー)の2色を基本に、ボディーカラーがオニキスの場合は「アズールパープル」の、グレイシアホワイトの場合は「リネン」(グレーホワイト)のアクセントがそれぞれ加えられる。また、インストゥルメントパネルにはチタンエンリッチカーボンファイバー製パネルが採用されるほか、ステアリングホイールの0時の位置にはストライプ装飾が施される。

価格は2350万円で、2018年第1四半期のデリバリーを予定している。

(webCG)

「ベントレー・フライングスパーV8 Sストラトゥスエディションbyマリナー」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
フライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(4WD)/タイカン ターボS(4WD)【海外試乗記】 2019.10.23 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に試乗。オーストリア・インスブルックからドイツ・ミュンヘンまでの約635kmの道のりで、新世代のパワートレインを手にした“最新のポルシェ”は、どんな世界を見せてくれたのだろうか。
ホームへ戻る