5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場

2018.02.02 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」
「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220d Marco Polo HORIZON(マルコ・ポーロ ホライゾン)」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。

 
5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場の画像拡大
 
5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場の画像拡大
 
5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場の画像拡大
 
5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場の画像拡大

今回追加されたV220dマルコ・ポーロ ホライゾンは、就寝スペースとして使えるポップアップルーフやフルフラット機能付きベンチシート、前席の回転機構などを備えた、アウトドアユースでの利便性を高めたミニバンである。

専用装備となるポップアップルーフには、2人まで使用可能なベッドに加えて、リーディングライトも備わる。

3列目シートにはフルフラット機構を採用。このスペースには最大3人が就寝可能で、さらにシート下には収納スペースも確保される。

運転席と助手席は、後方に向きを変えられ、2列目シートと対面させることができる。

このほか、アダプティブクルーズコントロール機能の「ディストロニックプラス」や車線逸脱警告機能「レーンキーピングアシスト」などからなる運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」や、走行中の横風に対して、車両片側のブレーキを制御することで運転をサポートする「クロスウインドアシスト」なども装備する。

価格は846万円。なお、メルセデス・ベンツ日本は、千葉県の幕張メッセで行われる日本最大規模のキャンピングカーの展示会「ジャパンキャンピングカーショー2018」(会期:2018年2月2日~4日)にブースを出展し、「V220dマルコ・ポーロ ホライゾン」を展示する。

(webCG)

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • ボルボXC90 T8 Twin Engine AWDエクセレンス(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.13 試乗記 後席ジマンの高級車は、数え切れないほどあるけれど……。ボルボのラインナップで最も高価な「XC90エクセレンス」に試乗した筆者は、他ブランドのプレミアムカーではなかなか味わえない心地よさに包まれたのだった。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 NEW
    アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る