間もなく開幕するジュネーブモーターショー
2018年の見どころはここ!

2018.02.21 デイリーコラム

自動車中立国ならではのモーターショー

今年のジュネーブモーターショーは2018年3月5日に開幕する。開催地であるスイスは、自動車メーカーが存在しない中立地だ。だからこそ、各国のブランドがイーブンな立場で参加できるのが特徴であり、自国開催の国際モーターショーのないイギリス、イタリア、スウェーデンのブランドは特に力を入れる。また超高性能&超高額なスーパーカーの類いもジュネーブが得意とするところ。こぢんまりとしているが、華やかなクルマが数多く登場する、取材していても楽しいショーでもある。

今年も2月中旬の時点で数多くの新型モデルの出品が発表されている。その中から注目モデルを紹介しよう。

まず英国ブランドのマクラーレンからは、F1で3度の世界王者となった英雄の名を冠する「マクラーレン・セナ」だ。カーボンファイバーのボディーに、800psの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。500台限定生産であるが、すでに全車売り切れというから驚く。パワーもすごいが、全身が“ウイング”のようなエアロダイナミクスが、このクルマの最大の特徴だろう。

同じ英国のジャガーは、電気自動車(EV)のハイパフォーマンスSUV「Iペース」の量産モデルを出展する。世界初披露はショーの直前の3月1日に行うというのもジャガー流か。すぐにも日本にもやってきそうな気配が濃厚なEVといえる。

ドイツ勢で意外なまでのやる気を見せてくれるのがメルセデス・ベンツだ。「AMG GT」の4ドアモデルをはじめ、EVブランド「EQ」の量産モデル、さらに「Sクラス」や「Cクラス」のマイナーチェンジモデルなど、充実の内容が予定されている。

BMWはフルモデルチェンジした「X4」を持ち込む。開発が進められている「8シリーズ」や、傘下に置くロールス・ロイス初のSUV「カリナン」に関するアナウンスはないが、サプライズで出品してくれればと願うばかりだ。

2017年のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「アルピーヌA110」。このほか「フェラーリ812スーパーファスト」など、注目モデルの公開が相次いだ。
2017年のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「アルピーヌA110」。このほか「フェラーリ812スーパーファスト」など、注目モデルの公開が相次いだ。拡大
今年のジュネーブショーでの発表が予告されている「マクラーレン・セナ」。4リッターV8ツインターボエンジンは、800psと800Nmを発生する。
今年のジュネーブショーでの発表が予告されている「マクラーレン・セナ」。4リッターV8ツインターボエンジンは、800psと800Nmを発生する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事