【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場

2018.02.21 自動車ニュース
新型「ポルシェ911 GT3 RS」
新型「ポルシェ911 GT3 RS」拡大

独ポルシェは2018年2月21日(現地時間)、第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)において、「911 GT3 RS」の最新型を世界初公開すると発表した。

 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大

今回の911 GT3 RSは、現行型の「911 GT3」をベースに、エンジンやシャシーにさらなるチューニングが加えられたハイパフォーマンスモデルである。

固定式のリアスポイラーが備わるなど、エクステリアはエアロダイナミクスを重視したデザインを採用。インテリアにはカーボン製のフルバケットシートを装備したほか、オープニングループ付き軽量ドアパネルや軽量リアリッドの採用に加えて遮音材を削減するなど、ボディーの軽量化を図っている。

リアに搭載される4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンは、先代モデルや911 GT3を20ps上回る、最高出力520psを発生。エンジン回転数は最高で9000rpmに達する。トランスミッションは専用チューニングを受けた7段PDKが組み合わされる。動力性能については、0-100km/h加速が3.2秒、最高速が312km/hと公表されている。

シャシーについては、すべてのアームにボールジョイントを採用。フロントには20インチの軽量ホイールと新開発の265/35サイズのスポーツタイヤが、リアには21インチホイールと325/30サイズのタイヤが装着される。

このほか、ロールオーバーバーと手動式消火器、バッテリー切断用スイッチアダプター、6点式シートベルトからなる無償オプション「クラブスポーツパッケージ」が設定されるほか、さらなる軽量化を望む顧客向けに、シャシーやインテリア、エクステリア用のカーボンパーツやマグネシウムホイールからなる「ヴァイザッハパッケージ」も用意される。ヴァイザッハパッケージを装着した場合の車両重量は1430kgとなる。

(webCG)

関連キーワード:
911, ポルシェ, ジュネーブモーターショー2018, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場 2021.9.23 自動車ニュース ケータハムから軽自動車規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場。2014年に発売された「セブン160」の後継車種にあたり、最も軽い仕様では乾燥重量440kgを実現するなど、ケータハムの量産車史上、最も軽量なモデルとなっている。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート 2021.6.17 自動車ニュース ポルシェジャパンが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート。「911 GT3」をベースに内外装の意匠をやや控えめにしたモデルで、リアウイングに代えて可動式のリアスポイラーを採用。従来型にはなかった7段PDK仕様の設定もトピックとなっている。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る