【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場

2018.02.21 自動車ニュース
新型「ポルシェ911 GT3 RS」
新型「ポルシェ911 GT3 RS」拡大

独ポルシェは2018年2月21日(現地時間)、第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)において、「911 GT3 RS」の最新型を世界初公開すると発表した。

 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】最高出力520psの「ポルシェ911 GT3 RS」登場の画像拡大

今回の911 GT3 RSは、現行型の「911 GT3」をベースに、エンジンやシャシーにさらなるチューニングが加えられたハイパフォーマンスモデルである。

固定式のリアスポイラーが備わるなど、エクステリアはエアロダイナミクスを重視したデザインを採用。インテリアにはカーボン製のフルバケットシートを装備したほか、オープニングループ付き軽量ドアパネルや軽量リアリッドの採用に加えて遮音材を削減するなど、ボディーの軽量化を図っている。

リアに搭載される4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンは、先代モデルや911 GT3を20ps上回る、最高出力520psを発生。エンジン回転数は最高で9000rpmに達する。トランスミッションは専用チューニングを受けた7段PDKが組み合わされる。動力性能については、0-100km/h加速が3.2秒、最高速が312km/hと公表されている。

シャシーについては、すべてのアームにボールジョイントを採用。フロントには20インチの軽量ホイールと新開発の265/35サイズのスポーツタイヤが、リアには21インチホイールと325/30サイズのタイヤが装着される。

このほか、ロールオーバーバーと手動式消火器、バッテリー切断用スイッチアダプター、6点式シートベルトからなる無償オプション「クラブスポーツパッケージ」が設定されるほか、さらなる軽量化を望む顧客向けに、シャシーやインテリア、エクステリア用のカーボンパーツやマグネシウムホイールからなる「ヴァイザッハパッケージ」も用意される。ヴァイザッハパッケージを装着した場合の車両重量は1430kgとなる。

(webCG)

関連キーワード:
911, ポルシェ, ジュネーブモーターショー2018, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.11.23 試乗記 フランスのミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に、ハイパフォーマンスグレードの「A110S」が追加された。よりパワフルなエンジンと引き締められた足まわりで、その走りはどう変わったのか? ポルトガルのエストリルサーキットから報告する。
  • これはブランド化するクロカンへのアンチテーゼだ! 新型「ディフェンダー」を見たwebCG編集部員のひとり言 2019.11.18 デイリーコラム 新型「ランドローバー・ディフェンダー」は意外と安い!? 従来モデルや「メルセデス・ベンツGクラス」との比較を通し、webCGきってのヨンク好き(ただし運転はうまくない)が、クロカン界における新しいディフェンダーの“役どころ”を探った。
  • 第151回:黒まむしスッポン丸 2019.11.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第151回は「黒まむしスッポン丸」。2年半ぶりに出合った“鼻血モノ”は、やっぱりあのクルマだった! 「なぜ、コレ!?」という周囲の反応が相次ぐ中、買い換えに踏み切った、確固たる理由とは?
  • 新型「ランドローバー・ディフェンダー」がついに上陸! 来日したデザイナーが語る このクルマの見どころとは? 2019.11.13 デイリーコラム いよいよ日本でも実車がお披露目された、新型「ランドローバー・ディフェンダー」。ブランドを象徴するニューモデルの見どころはどこなのか? 実物を目にしての第一印象と、来日したデザイナーが語るこのクルマならではの魅力を紹介する。
ホームへ戻る