スズキ、「スイフトスポーツ」を出展【フランクフルトショー2011】

2011.08.10 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】スズキ、「スイフトスポーツ」を出展

スズキは、2011年9月13日に開幕するフランクフルトモーターショーに、新型「スイフトスポーツ」を出展すると発表した。

新型「スイフトスポーツ」は、2010年9月に発売された現行「スイフト」をベースとするスポーティモデル。同車は、「走る・曲がる・止まる」の基本性能をさらに徹底追及、「洗練された上質なスポーツ」をコンセプトに開発が行われたという。

エンジンは、標準モデルの1.2リッターに対し、スイフトスポーツは1.6リッター(M16A)を搭載する。スペックは明らかにされていないものの、さらなる高出力化と低燃費化を達成したとうたわれる。トランスミッションは、6段MTとなる。

サスペンションは、フロントにリバウンドスプリング内蔵のストラット式を採用。標準モデルではトーションビーム式のリアは、同モデル用に新たに設計されるという。これら専用シャシーの採用により、優れた旋回性と機敏なハンドリングが追求される。

安全装備については、軽量高剛性衝撃吸収ボディ、カーテンエアバッグ、運転席ニーエアバッグを含む計7つのエアバッグ、ESPなど充実した内容を誇る。

今回ショーで発表される欧州仕様のスイフトスポーツは、ハンガリーにおいて、2011年10月に生産が開始される予定となっている。

(webCG 曽宮)

「スイフトスポーツ」(欧州仕様)。
内外装は専用デザインとなる。
「スイフトスポーツ」(欧州仕様)。
	内外装は専用デザインとなる。 拡大

関連キーワード:
スイフトスポーツ, スズキ, フランクフルトモーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

スズキ スイフトスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(後編) 2018.7.5 谷口信輝の新車試乗 最新型「スズキ・スイフトスポーツ」の走りを、レーシングドライバーの谷口信輝は大絶賛。では、ドライビングポジションやデザインについてはどんな印象を抱いたのか? 率直な感想を聞いてみた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(前編) 2018.6.28 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、日本を代表する“ボーイズレーサー”「スズキ・スイフトスポーツ」にワインディングロードで試乗。第一線で活躍するプロフェッショナルは、その走りをどう評価する?
  • 第188回:レーダーに頼らず有視界飛行セヨ 2020.9.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第188回はエリート特急こと愛車の先代「BMW 320d」にトラブルが再発したというハナシ。バッテリーを交換しても症状は改善せず、ついに正規ディーラーの門をたたくことに。その修理代の見積もりは?
ホームへ戻る