【ジュネーブショー2018】メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を世界初公開

2018.03.08 自動車ニュース
「メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+ 4ドアクーペ」
「メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+ 4ドアクーペ」拡大

独ダイムラーは2018年3月6日、第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月18日まで)において、「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を世界初公開した。

「AMG GT63 S 4MATIC+」
「AMG GT63 S 4MATIC+」拡大
「AMG GT53 4MATIC+」のテールゲート。
「AMG GT53 4MATIC+」のテールゲート。拡大
「AMG GT53 4MATIC+」の3リッター直6ターボエンジン。
「AMG GT53 4MATIC+」の3リッター直6ターボエンジン。拡大
「AMG GT63 S 4MATIC+」の4リッターV8ターボエンジン。
「AMG GT63 S 4MATIC+」の4リッターV8ターボエンジン。拡大
「AMG GT63 S 4MATIC+」のインテリア。
「AMG GT63 S 4MATIC+」のインテリア。拡大
「AMG GT53 4MATIC+」
「AMG GT53 4MATIC+」拡大

メルセデスAMGが独自に開発した4ドアモデル

メルセデスAMG GT 4ドアクーペは、2ドアクーペの「AMG GT」と同じメルセデスAMGの独自開発モデルであり、大開口のテールゲートを持つファストバックのスタイリングを特徴としている。

ラインナップは「AMG GT53 4MATIC+」「AMG GT63 4MATIC+」「AMG GT63 S 4MATIC+」の3種類。このうち、AMG GT53 4MATIC+には最高出力435hpを発生する3リッター直6ターボエンジンに加えて「EQブーストスターター-オルタネーター」(モーターアシスト機構付きオルタネーター)を搭載。最大で22hp/250Nmのモーターアシストにより、0-100km/h加速が4.5秒、最高速が285km/hという動力性能と、9.1リッター/100km(約11.0km/リッター)という燃費性能を同時に実現している。

これに対し、AMG GT63 4MATIC+とAMG GT63 S 4MATIC+には4リッターV8ツインターボエンジンが搭載されている。前者のスペックは最高出力585hp、最大トルク800Nmというもので、動力性能については0-100km/hが3.4秒、最高速が310km/hと公称される。一方、後者のエンジンは最高出力639hp、最大トルク900Nmを発生し、0-100km/h加速が3.2秒、最高速が315km/hという動力性能を実現しているという。

いずれもトランスミッションは9段ATの「AMGスピードシフトMCT 9G」で、駆動方式は4WD。状況に応じてステアリング機構やサスペンションなどの制御を切り替えられるモードセレクト機構や、後輪操舵機構などに加え、AMG GT63 S 4MATIC+にはLSDも用意されている。

発売時期は、2018年夏を予定している。

(webCG)

「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の詳しい画像はこちら
 

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る