いよいよ開幕! F1 2018年シーズン
勝利のカギを握るのはずばりルノーだ

2018.03.16 デイリーコラム

5連覇に向けて盤石のメルセデス

メルセデスとルイス・ハミルトンが王座に就いた2017年も過去のもの。待望のF1新シーズンが間近に迫ってきた。

2月最終週から2回に分けて計8日間、スペインはバルセロナで行われた冬の合同テストでは、前半こそ寒波の影響で雨や雪に見舞われ十分な走り込みができなかったものの、天候が回復した後半になると、全10チームが精力的に周回を重ねることとなった。

各陣営おのおのがさまざまなプログラムをこなすため、プレシーズンテストでの最速タイムは参考程度と考えた方がいい。しかし、今年もメルセデスの速さ、強さが続くことはどうやら間違いなさそうである。

過去4年間のV6ハイブリッド時代を席巻してきたシルバーアローは、ニューマシン「W09」を投入。20戦12勝を記録した昨年型のコンセプトをベースとした正常進化版である。リスクを取り過ぎない開発アプローチは王者だからこそ取りうる選択。テストでは全チーム中最長、4800km超をほぼトラブルなく走破し、フェラーリが持つ5年連続ダブルタイトルという大記録に向けて盤石の態勢を築いている。

2017年シーズンのような大幅なレギュレーション変更がない分、各陣営ともマシン、パワーユニットの課題を克服することに注力。王者メルセデスも、マシンの基本コンセプトをキープしながら各所をさらにリファインした「W09」(写真)をデビューさせた。プレシーズンテストでは最長4800km、実に15レース分以上の距離を走破。最速タイムでニュースになるよりも、自分たちのプログラムを着実にこなし、5連覇に向けて盤石の態勢を築いた。(Photo=Mercedes)
2017年シーズンのような大幅なレギュレーション変更がない分、各陣営ともマシン、パワーユニットの課題を克服することに注力。王者メルセデスも、マシンの基本コンセプトをキープしながら各所をさらにリファインした「W09」(写真)をデビューさせた。プレシーズンテストでは最長4800km、実に15レース分以上の距離を走破。最速タイムでニュースになるよりも、自分たちのプログラムを着実にこなし、5連覇に向けて盤石の態勢を築いた。(Photo=Mercedes)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事