シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ

2018.03.22 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。

シトロエンのコンパクトハッチバックC3は、2016年11月に現行モデルがデビュー。すでに30万台以上が販売されている。日本では2017年7月の導入から同年末までに1100台以上が登録されており、歴代モデルの記録を塗り替えるペースで推移しているという。

今回はハイビームとロービームを自動で切り替える「インテリジェントハイビーム」を全車に標準装備としたほか、エントリーグレード「フィール」にはスマートキーも標準装備(上級グレード「シャイン」には以前から標準)とした。

価格はフィールが従来から3万円アップの219万円、シャインが同じく4万円アップの243万円。

(webCG)

「シトロエンC3」
「シトロエンC3」拡大

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース