シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ

2018.03.22 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。

シトロエンのコンパクトハッチバックC3は、2016年11月に現行モデルがデビュー。すでに30万台以上が販売されている。日本では2017年7月の導入から同年末までに1100台以上が登録されており、歴代モデルの記録を塗り替えるペースで推移しているという。

今回はハイビームとロービームを自動で切り替える「インテリジェントハイビーム」を全車に標準装備としたほか、エントリーグレード「フィール」にはスマートキーも標準装備(上級グレード「シャイン」には以前から標準)とした。

価格はフィールが従来から3万円アップの219万円、シャインが同じく4万円アップの243万円。

(webCG)

「シトロエンC3」
「シトロエンC3」拡大

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第35回:シトロエンC3 2019.5.29 カーデザイナー明照寺彰の直言 ユニークなデザインで注目を集め、デビューとともに一躍人気モデルとなった現行型「シトロエンC3」。いまやすっかりブランドの屋台骨となっている同車のデザインは、現役のカーデザイナー明照寺彰の目にどう映るのか?
  • 「シトロエンC3」の車両本体価格が変更に 2020.3.6 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年3月6日、「シトロエンC3」の車両本体価格を同年4月1日に改定すると発表した。新価格は「C3フィール」が229万円で、「C3シャイン」はグレー内装車が254万円、アーバンレッド内装車が256万円。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る