「BMW i8」のオープントップモデル発売

2018.04.10 自動車ニュース
「BMW i8ロードスター」
「BMW i8ロードスター」拡大

BMWジャパンは2018年4月9日、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」に一部改良を施すとともに、オープントップモデルの「i8ロードスター」をラインナップに追加し、販売を開始した。

 
「BMW i8」のオープントップモデル発売の画像拡大
 
「BMW i8」のオープントップモデル発売の画像拡大
 
「BMW i8」のオープントップモデル発売の画像拡大

今回の改良では、リチウムイオンバッテリーの容量を従来モデルの20Ahから33Ahへと拡大したほか、走行用電気モーターの最高出力を従来モデルの131psから143psへと強化。1.5リッター直3ターボエンジンと合わせたプラグインハイブリッドシステム全体でも12psアップの374psとした。また、i8ロードスターの追加に伴い、クーペモデルの呼称を「i8クーペ」としている。

新たに設定されたi8ロードスターは、電動開閉式ソフトトップを採用した2人乗りモデル(クーペは4人乗り)である。ソフトトップは50km/h以下であれば走行中でも開閉が可能で、開閉に要する時間はそれぞれ約15秒と公表される。ソフトトップの収納スペースを工夫したことで、オープントップの状態でもリアに約100リッターのラゲッジスペースが確保されるという。

価格はクーペが2093万円、ロードスターが2231万円で、納車は2018年9月以降の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
i8ロードスター, BMW, 自動車ニュース

BMW i8ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【試乗記】 2018.11.17 試乗記 2017年11月のロサンゼルスモーターショーで発表された「i8ロードスター」は、プラグインハイブリッドスポーツ「i8」の派生モデルにして、BMWが「ピュアオープンeモビリティー」と呼ぶフラッグシップモデル。i8はオープン化によって、どんな走りをみせてくれるのか。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
ホームへ戻る