クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第123回:タイヘンな盲点

2019.02.12 カーマニア人間国宝への道

中のアンコよりガワが大事!

オッパイは大きければいいってもんじゃない! もうパワーも加速もおなかいっぱい! スーパーカーはもっと別の何かを目指さなくてはイカン!

で、その「別の何か」の第1候補は、間違いなくカッコだ。スーパーカーにとって一番重要なのはカッコ。カッコよければすべて良しなのである。

そういえば、昔々、私がまだフェラーリを買うずっと前、友人が真顔でこんな話をしていた。

「オレさぁ、ガワがフェラーリなら、中身は『サニー』でいいんだよ!」

当時は私も友人も、フェラーリの中身がどんなであるか、乗ったことないので1mmも知らなかったが、カッコだけでもフェラーリはウルトラ魅力的であり、中のアンコなんかどうだっていい、ガワだけくれ! と思っていたのだ。

あれから三十数年という月日が流れ、いま再び、中のアンコよりガワが大事! という時代が来たわけですね。感慨無量。

で、「BMW i8」に話を戻しますが、i8のエンジンは3気筒の1500cc。そこだけ見れば、まさにサニー! いや、サニーは4気筒だったからそれ未満! その弱点を合成音のエンジンサウンドが見事にカバー! ガワのカッコよさはフェラーリ以上! これこそまさに、若き日に夢見た、リーズナブルなスーパーカーそのものじゃないか! 2000万円以上するけど。

「BMW i8ロードスター」はカッコいい!(写真=池之平昌信)
「BMW i8ロードスター」はカッコいい!(写真=池之平昌信)拡大
「BMW i8ロードスター」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4690×1940×1290mm。
「BMW i8ロードスター」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4690×1940×1290mm。拡大
「BMW i8ロードスター」の車両本体価格は2234万円。
「BMW i8ロードスター」の車両本体価格は2234万円。拡大

スーパーカーの穴と割れ目

今回初めて試乗させていただいて、初めて細部までマジマジと観察しましたが、細部までパーフェクトにカッコよかった! リアフェンダー根元の割れ目みたいなところなんか、まさにスーパーカー! 真剣な話、i8はメチャクチャカッコいい。死ぬほどウルトラカッコいい。最初からそう思っていた。

昔々、スーパーカーブームの頃、とある少年は、目黒通りのスーパーカー屋で初めて実物の「ディノ」を見て、度肝を抜かれたという。

「ディノって、サイドにエアインテークがあるでしょう。マンガにも描いてありましたけど、本当にあんなところに穴が開いているんだ、腕が入っちゃうくらいの大きな穴が、って、すっごい驚いて。国産車で、あんなところに穴が開いてるクルマなんて、ないじゃないですか。すっごいクルマだなあって、感動しましたね」(関口英俊氏談)

この少年は大人になって、オレンジ色の「カウンタックLP400」のオーナーになりました。目頭じんわり。

スーパーカーの魅力のひとつ。それは穴や割れ目である。フツーのクルマにはない穴や割れ目は、少年のココロをたまらなく刺激する。

i8は、その条件を完璧に満たしている。もちろん全体のフォルムや、スイングアップするドアもメチャメチャカッコいいけどさ。このカッコだけで、買う価値は十分あるんじゃないか!?

確かにエンジンは3気筒の1500ccだが、ターボで231psをたたき出すし、前輪を駆動する143psの電気モーターが十二分に補完する。それでなんの不満があるだろう!

「BMW i8ロードスター」の割れ目で、手をつないでみた。(写真=池之平昌信)
「BMW i8ロードスター」の割れ目で、手をつないでみた。(写真=池之平昌信)拡大
「フェラーリ328GTS」の穴と割れ目。(写真=池之平昌信)
「フェラーリ328GTS」の穴と割れ目。(写真=池之平昌信)拡大
輸入車のボディーレストア専門店、ラン・アンド・ランの関口英俊氏。(写真=関口英俊)
輸入車のボディーレストア専門店、ラン・アンド・ランの関口英俊氏。(写真=関口英俊)拡大
少年の頃の関口氏。(写真=関口英俊)
少年の頃の関口氏。(写真=関口英俊)拡大
関口氏の「カウンタックLP400」。(写真=関口英俊)
関口氏の「カウンタックLP400」。(写真=関口英俊)拡大

i8はドアに難アリ

そんなことを思っていたら、たまたま撮影現場に同業者の五味康隆君がやってきた。五味君といえば、元i8オーナー! なんという偶然! 早速話を聞いてみよう。

清水(以下 清):五味ちゃん、i8って乗っててどうだった?

五味(以下 五):えー、すごくよかったですよぉ。加速も十分だし、EVにもなるから、深夜でも近所迷惑にならないですしねぇ。僕のはロードスターじゃなくてクーペだったので、ゴルフに行くのにも重宝しました。後席にゴルフバッグを2個積めましたからねぇ。

清:そう! やっぱりi8こそ、次世代のスーパーカーなんだね!

五:そう思いますよ。でも、めちゃめちゃ使えないんです。

私:えっ?

五:原因はこのドアです。これって、かなり外に開くんですよ。普通の駐車場だと、隣にクルマがあったら、まずドアが開かないんですよね~。

清:げえっ!

五:もうちょっとって感じなんですけど、ギリギリだめなんです。もちろん、自分が止めるときは、隣が空いてるところに止めますけど、そこに入れられちゃったらもう乗り降りができないんで、行き先がすごく限定されるんです。それで手放しました。

それはタイヘンな盲点! つまり、高速のSAPAでも、おちおち休憩できないってことか!

実車で確認してみると、確かに思ったよりも外側に開く。隣の枠にミニバンが止まったらまずアウトだろう。

カウンタックはドアが真上に開くので、むしろ狭い場所での乗り降りがラクだったけどなぁ。こういうことって、実際に生活の中で使ってみないとわかりませんね。

(文=清水草一/写真=池之平昌信、関口英俊/編集=大沢 遼)

モータージャーナリストの五味康隆氏(左)。(写真=池之平昌信)
モータージャーナリストの五味康隆氏(左)。(写真=池之平昌信)拡大
「BMW i8ロードスター」のバタフライドアを跳ね上げた状態。(写真=池之平昌信)
「BMW i8ロードスター」のバタフライドアを跳ね上げた状態。(写真=池之平昌信)拡大
「BMW i8ロードスター」の盲点に気付いてしまった!(写真=池之平昌信)
「BMW i8ロードスター」の盲点に気付いてしまった!(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW i8ロードスター の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。