第123回:タイヘンな盲点

2019.02.12 カーマニア人間国宝への道

中のアンコよりガワが大事!

オッパイは大きければいいってもんじゃない! もうパワーも加速もおなかいっぱい! スーパーカーはもっと別の何かを目指さなくてはイカン!

で、その「別の何か」の第1候補は、間違いなくカッコだ。スーパーカーにとって一番重要なのはカッコ。カッコよければすべて良しなのである。

そういえば、昔々、私がまだフェラーリを買うずっと前、友人が真顔でこんな話をしていた。

「オレさぁ、ガワがフェラーリなら、中身は『サニー』でいいんだよ!」

当時は私も友人も、フェラーリの中身がどんなであるか、乗ったことないので1mmも知らなかったが、カッコだけでもフェラーリはウルトラ魅力的であり、中のアンコなんかどうだっていい、ガワだけくれ! と思っていたのだ。

あれから三十数年という月日が流れ、いま再び、中のアンコよりガワが大事! という時代が来たわけですね。感慨無量。

で、「BMW i8」に話を戻しますが、i8のエンジンは3気筒の1500cc。そこだけ見れば、まさにサニー! いや、サニーは4気筒だったからそれ未満! その弱点を合成音のエンジンサウンドが見事にカバー! ガワのカッコよさはフェラーリ以上! これこそまさに、若き日に夢見た、リーズナブルなスーパーカーそのものじゃないか! 2000万円以上するけど。

「BMW i8ロードスター」はカッコいい!(写真=池之平昌信)
「BMW i8ロードスター」はカッコいい!(写真=池之平昌信)拡大
「BMW i8ロードスター」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4690×1940×1290mm。
「BMW i8ロードスター」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4690×1940×1290mm。拡大
「BMW i8ロードスター」の車両本体価格は2234万円。
「BMW i8ロードスター」の車両本体価格は2234万円。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【試乗記】 2018.11.17 試乗記 2017年11月のロサンゼルスモーターショーで発表された「i8ロードスター」は、プラグインハイブリッドスポーツ「i8」の派生モデルにして、BMWが「ピュアオープンeモビリティー」と呼ぶフラッグシップモデル。i8はオープン化によって、どんな走りをみせてくれるのか。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • ポルシェが新型「911ターボS」を発表 最高出力650PSを誇る「911」のハイエンドモデル 2020.3.4 自動車ニュース ポルシェが新型「911ターボS」を発表。最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生する3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載しており、4WDシステムの改良や空力性能の改善とも相まって、0-100km/h加速2.7秒、最高速330km/hという動力性能を実現している。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
ホームへ戻る