オーテックが「キューブ ライダー」の仕様を変更

2018.04.17 自動車ニュース
「日産キューブ ライダー」
「日産キューブ ライダー」拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2018年4月17日、「日産キューブ」のカスタマイズドカー「ライダー」の仕様を変更し、販売を開始した。

 
オーテックが「キューブ ライダー」の仕様を変更の画像拡大
 
オーテックが「キューブ ライダー」の仕様を変更の画像拡大

今回の仕様変更では、フロントグリルやバンパーグリルにダークメッキ仕上げを採用したほか、従来はオプション設定していた専用スポーツマフラーとバイキセノンランプ(あわせて12万4200円相当)を標準装備とした。それでいながら従来型から6万4800円アップの203万0400円と、お得な価格設定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
キューブ, 日産, 自動車ニュース

日産 キューブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産キューブEX(4AT/CVT)【試乗記】 2002.10.15 試乗記 日産キューブEX(4AT/CVT)
    ……144.2/147.0万円

    メディア、評論家の声をよそに(?)思わぬヒット作となった日産キューブ。貴重な稼ぎ手の新しいモデルは、角がとれたキューブ。さっそくステアリングホイールを握った自動車ジャーナリスト、河村康彦は、しかし気になる点があるのだった……。


  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • 何がライバルと違うのか? 「ゴルフ」が“基準のクルマ”とされるワケ 2021.7.12 デイリーコラム 1974年の初代誕生以来、FFハッチバック車のお手本とされてきた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。同カテゴリーの元祖でもないのに、かくも高く評価されているのはなぜか? その決定的なポイントについてリポートする。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る