一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
「トヨタRAV4」の“来し方行く末”

2018.04.18 デイリーコラム

グローバルでは今もベストセラーモデル

2018年のニューヨーク国際オートショーでワールドプレミアされた、5代目となる新型「トヨタRAV4」。日本では3代目を最後に販売されていないが、グローバルでは今もなお大人気車種であり、累計生産台数は812万台(2017年末時点)を数える。特に2017年のセールスは優秀で、世界で80万台以上を販売。そのうち約41万台が米国というから、今やかの地では、セダンの「カムリ」と並ぶ、トヨタの看板車種へと出世したといえるだろう。

新型の発売時期については、米国では2018年末、日本では来春と発表された。続々と新型車が投入される輸入車SUVに勢いがあるようだが、三菱がオールニューとなる「エクリプス クロス」を3月に発売したほか、夏にはこちらもなじみ深い「ホンダCR-V」が復活。さらに「スバル・フォレスター」も新型登場となるだけに、国産SUVの動きにも期待が高まる。

現在も好調なセールスを誇る、現行型(4代目)「トヨタRAV4」。残念ながら日本市場では販売されていない。
現在も好調なセールスを誇る、現行型(4代目)「トヨタRAV4」。残念ながら日本市場では販売されていない。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
ホームへ戻る