一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
「トヨタRAV4」の“来し方行く末”

2018.04.18 デイリーコラム

グローバルでは今もベストセラーモデル

2018年のニューヨーク国際オートショーでワールドプレミアされた、5代目となる新型「トヨタRAV4」。日本では3代目を最後に販売されていないが、グローバルでは今もなお大人気車種であり、累計生産台数は812万台(2017年末時点)を数える。特に2017年のセールスは優秀で、世界で80万台以上を販売。そのうち約41万台が米国というから、今やかの地では、セダンの「カムリ」と並ぶ、トヨタの看板車種へと出世したといえるだろう。

新型の発売時期については、米国では2018年末、日本では来春と発表された。続々と新型車が投入される輸入車SUVに勢いがあるようだが、三菱がオールニューとなる「エクリプス クロス」を3月に発売したほか、夏にはこちらもなじみ深い「ホンダCR-V」が復活。さらに「スバル・フォレスター」も新型登場となるだけに、国産SUVの動きにも期待が高まる。

現在も好調なセールスを誇る、現行型(4代目)「トヨタRAV4」。残念ながら日本市場では販売されていない。
現在も好調なセールスを誇る、現行型(4代目)「トヨタRAV4」。残念ながら日本市場では販売されていない。拡大
トヨタ RAV4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
ホームへ戻る