「ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション」限定発売

2018.04.19 自動車ニュース
「ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション」
「ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション」拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2018年4月19日、「V90クロスカントリー」に特別仕様車「オーシャンレースエディション」を設定し、販売を開始した。

 

販売はボルボ スタジオ青山のみ

今回の特別仕様車は、ツインチャージャーエンジンを搭載した「T6 AWDサマム」をベースに、世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をイメージした装備や装飾パーツを採用した限定モデルである。販売台数は全世界で3000台となっており、日本では全15台が、ボルボ スタジオ青山のみで販売される。

内外装のデザインは2014年に発表されたコンセプトカー「コンセプトXCクーペ」をイメージしたもので、各部のカラーニングにも同車に用いられた「カオリングレー」と「フレアオレンジ」の組み合わせを採用。装備も充実しており、チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフやBowers&Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム、レジャーシーンで役立つ荷室用USBポートやLEDトーチライトなども備えている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • 専用カオリングレーカラーボディーパーツ(フロント/リアバンパー下部、サイドシル、フェンダーエクステンション、フロントフェンダー/ドアプロテクション下部)
  • 専用フロントグリル
  • 専用5スポークアルミホイール ダイヤモンドカット/シルバー(8.0J×20インチ)、245/45R20タイヤ
  • 専用ルーフキャリア(カオリングレーキャップ付き)
  • 専用ルーフボックス(クリスタルホワイトパール)<オプション>
  • 専用エンブレム
  • チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ
  • サイドスカッフプレート
  • 電子制御式リアエアサスペンション/ドライビングモード選択式FOUR-C アクティブパフォーマンスシャシー
  • 専用フレアオレンジカラーシートベルト
  • 専用フレアオレンジカラーアクセント(シートパイピング、ドアアームレストパイピング、フロアマットパイピング)
  • 専用テイラードダッシュボード&インナードアパネルトップ
  • 専用レザー仕上げトンネルコンソールサイドパネル
  • 専用イルミネーテッド本革巻きシフトノブ(ブロンドカラーステッチ入り)
  • 専用レザー仕上げフロントシートバックポケット(フレアオレンジカラーパイピング)
  • 専用アルミニウムスカッフプレート(イルミネーション機能付き)
  • 専用フロアマット(フレアオレンジカラーパイピング)
  • 専用スポーツシート
  • 専用ナッパレザー/“オープングリッド”テキスタイルコンビネーション(フレアオレンジカラーシートパイピング)
  • 専用リバーシブルフロントシートカバー
  • Bowers&Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム(1400W、19スピーカー、サブウーファー付き)
  • 専用ラゲッジフロアパネル
  • 専用トランスルーセントフロアマット/専用ラゲッジマット
  • 専用バンパーダートプロテクションマット(フレアオレンジカラーパイピング)
  • 専用ラゲッジネット(フレアオレンジカラーアクセント)
  • 専用USBポート(外部入力端子)×2
  • 専用LEDトーチライト
  • 専用テールゲートオープニングイルミネーションライト

ボディーカラーはクリスタルホワイトパールのみ。価格は969万円。

(webCG)

関連キーワード:
V90クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボが多くのモデルの希望小売価格を改定 2020年1月1日より新価格を適用 2019.12.2 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年12月2日、取り扱い車種の希望小売価格を改定すると発表した。対象となるのは「XC40」と「S60」を除く全モデルで、2020年1月1日より値上げされた新価格が適用される。
  • ボルボV60クロスカントリー 2018.9.26 画像・写真 本格ワゴンに高い悪路走破性能をプラスした新型「ボルボV60クロスカントリー」が登場。「V60」より最低地上高は75mm高められており、標準で4WDシステムやヒルディセントコントロールなどが採用されている。新しい万能ワゴンの姿を写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビュー 2019.4.18 自動車ニュース スバルは2019年4月17日(現地時間)、ニューヨーク国際オートショー(会期:4月17日~28日)において、6代目「アウトバック」を世界初公開した。新型には、タフなイメージを強調した新グレードも設定される。
  • ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション/V60クロスカントリーT5 AWDプロ【試乗記】 2019.7.15 試乗記 ボルボ車のパフォーマンスを高めるというディーラーオプション「ポールスターパフォーマンスソフトウエア」をご存じだろうか。新車装着のみならず、既販車への搭載も可能なこのシステムの効能を、装着車と非装着車を同時に試乗して確かめた。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.1 試乗記 ワゴンとしての魅力を磨いた現行型「ボルボV60」。そのプラグインハイブリッドモデルが、いよいよ日本の道を走り始めた。ボルボの世界戦略を担う電動パワートレインと伝統的なエステートスタイルとの組み合わせを、中間グレードの「T6インスクリプション」で試す。
ホームへ戻る