「ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション」限定発売

2018.04.19 自動車ニュース
「ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション」
「ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション」拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2018年4月19日、「V90クロスカントリー」に特別仕様車「オーシャンレースエディション」を設定し、販売を開始した。

 

販売はボルボ スタジオ青山のみ

今回の特別仕様車は、ツインチャージャーエンジンを搭載した「T6 AWDサマム」をベースに、世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をイメージした装備や装飾パーツを採用した限定モデルである。販売台数は全世界で3000台となっており、日本では全15台が、ボルボ スタジオ青山のみで販売される。

内外装のデザインは2014年に発表されたコンセプトカー「コンセプトXCクーペ」をイメージしたもので、各部のカラーニングにも同車に用いられた「カオリングレー」と「フレアオレンジ」の組み合わせを採用。装備も充実しており、チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフやBowers&Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム、レジャーシーンで役立つ荷室用USBポートやLEDトーチライトなども備えている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • 専用カオリングレーカラーボディーパーツ(フロント/リアバンパー下部、サイドシル、フェンダーエクステンション、フロントフェンダー/ドアプロテクション下部)
  • 専用フロントグリル
  • 専用5スポークアルミホイール ダイヤモンドカット/シルバー(8.0J×20インチ)、245/45R20タイヤ
  • 専用ルーフキャリア(カオリングレーキャップ付き)
  • 専用ルーフボックス(クリスタルホワイトパール)<オプション>
  • 専用エンブレム
  • チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ
  • サイドスカッフプレート
  • 電子制御式リアエアサスペンション/ドライビングモード選択式FOUR-C アクティブパフォーマンスシャシー
  • 専用フレアオレンジカラーシートベルト
  • 専用フレアオレンジカラーアクセント(シートパイピング、ドアアームレストパイピング、フロアマットパイピング)
  • 専用テイラードダッシュボード&インナードアパネルトップ
  • 専用レザー仕上げトンネルコンソールサイドパネル
  • 専用イルミネーテッド本革巻きシフトノブ(ブロンドカラーステッチ入り)
  • 専用レザー仕上げフロントシートバックポケット(フレアオレンジカラーパイピング)
  • 専用アルミニウムスカッフプレート(イルミネーション機能付き)
  • 専用フロアマット(フレアオレンジカラーパイピング)
  • 専用スポーツシート
  • 専用ナッパレザー/“オープングリッド”テキスタイルコンビネーション(フレアオレンジカラーシートパイピング)
  • 専用リバーシブルフロントシートカバー
  • Bowers&Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム(1400W、19スピーカー、サブウーファー付き)
  • 専用ラゲッジフロアパネル
  • 専用トランスルーセントフロアマット/専用ラゲッジマット
  • 専用バンパーダートプロテクションマット(フレアオレンジカラーパイピング)
  • 専用ラゲッジネット(フレアオレンジカラーアクセント)
  • 専用USBポート(外部入力端子)×2
  • 専用LEDトーチライト
  • 専用テールゲートオープニングイルミネーションライト

ボディーカラーはクリスタルホワイトパールのみ。価格は969万円。

(webCG)

関連キーワード:
V90クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • ボルボV90クロスカントリーD4 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.8.29 試乗記 ボルボのイメージをけん引する旗艦モデル「V90クロスカントリー」に、待望のディーゼルエンジン搭載車が登場。“みちのくの夏”を満喫するドライブに連れ出してみると、ライバルとは違った上質さや走りのよさが伝わってきた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • ボルボV60クロスカントリーT5 AWDプロ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.25 試乗記 ボルボ伝統のワゴンボディーに悪路走破性能をプラスした「V60クロスカントリー」を、北海道の雪道と雪上特設コースでドライブ。オンロードでの試乗だけでは分からなかった、北欧生まれのクロスオーバーが有するポテンシャルをあらためて確認した。
  • ボルボV60クロスカントリーT5 AWDプロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.6.12 試乗記 スタイリッシュなワゴンボディーに、頼もしい悪路走破性能をプラスした「ボルボV60クロスカントリー」。スポーティーでクール、かつオーセンティックなワゴンとしての資質も備えた万能車を、リポーターがすんなりと受け入れられなかった理由とは?
ホームへ戻る