テーマは“夏のヴァカンス”、「ルノー・カングー」の限定車発売

2018.05.14 自動車ニュース
「ルノー・カングー クルール」。写真のボディーカラーはフレンチアルプスの山々を囲む空の青をイメージしたという「ブルーシエルメタリック」。
「ルノー・カングー クルール」。写真のボディーカラーはフレンチアルプスの山々を囲む空の青をイメージしたという「ブルーシエルメタリック」。拡大

ルノー・ジャポンは2018年5月13日、「カングー」に特別仕様車「クルール」を設定し、同年5月24日に200台の台数限定で発売すると発表した。

こちらはフレンチアルプスの山並みを彩る緑をイメージしたという「ヴェールモンターニュメタリック」。
こちらはフレンチアルプスの山並みを彩る緑をイメージしたという「ヴェールモンターニュメタリック」。拡大
第8弾となる「カングー クルール」は、2018年5月13日に開催されたファンミーティング「第10回カングージャンボリー」でお披露目された。(写真=大音安弘)
第8弾となる「カングー クルール」は、2018年5月13日に開催されたファンミーティング「第10回カングージャンボリー」でお披露目された。(写真=大音安弘)拡大

カングー クルールは、日本オリジナルのボディーカラーが与えられた特別仕様車である。過去にも同名の限定車が設定されており、今回はその第8弾モデルとなる。

今回のボディーカラーは「夏のヴァカンス」がテーマ。“夏のヴァカンスで多くの人が訪れるフレンチアルプス。その山並みを彩る緑と、山々を囲む空の青をイメージ”したという「ヴェールモンターニュメタリック」および「ブルーシエルメタリック」の2色が用意される(各100台限定)。

このほか、ブラックの前後バンパーやドアミラー、ボディーカラーと同色のフロントグリルブレードも装備する。

また、成約特典として、フランス発のスキンケアブランド、ラ ロッシュ ポゼのUVケアアイテムがプレゼントされる。

価格は259万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • 「ルノー・カングー」に特別仕様車「ラ・ポスト」登場 専用カラーの200台限定モデル 2020.9.7 自動車ニュース ルノー・ジャポンがトールワゴン「カングー」に特別仕様車「ラ・ポスト」を設定。フランスの郵便車をモチーフにしたという黄色いボディーカラー「ジョン ラ・ポスト」が特徴で、販売台数はEDC仕様が160台、MT仕様が40台となっている。
  • KANGOOでGO! 2020.7.2 おでかけするならルノーで行こう<AD> いよいよ夏本番。今度の休みは、どこへ行こう? ルノーのマルチパーパスビークル「カングー」で出掛けたら、期待いっぱいのドライブは、さらに楽しいものになるだろう。
  • ルノー・カングー ゼン(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.19 試乗記 日本のルノーの半分を占める人気モデル「カングー」に1.2リッターターボエンジンと6段MT搭載の新グレードが追加設定。マニアが注目する(?)新パワートレインの魅力を味わった。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
ホームへ戻る